五十肩

40代後半から50代に多いので四十肩とか五十肩とかいわれます。お医者さんから肩関節周囲炎といわれる五十肩は腕を動かすと痛かったりあるいは痛くて動かせない状態のことをいいます。
腕の付け根である五十肩のきしみ現象や炎症だったりします。

軽く済んでしまう人から夜も寝られないほどひどい人まで様々です。
期間も短い人は3ヶ月位長い人で3年と様々です。

五十肩の代表的な症状

  • 腕が上がらない
  • つり革につかまりちょっと揺れただけで痛い
  • 着替えの時に肩が痛む
  • 髪を洗う動作がしづらい

五十肩の原因は詳しくわかってはいません。加齢に伴って起こると考えられています。
日常的に運動されている方も、されていない方も平等に発症します。
肩関節をとりまく腱や筋が固くなった状態や炎症であると考えられています。

痛みの強いときは、炎症が起きている可能性があります。
炎症が治まると痛みは軽くなります。
※炎症とは熱を持ったり腫れたりしている状態です。温めると痛みが強くなります。

炎症の場合は、腱とその周囲が癒着を起こし、すべりが悪くなるので、関節の動きが悪くなります。
炎症期は鍼灸でもなかなか厄介な五十肩です。
安定期に入れば鍼灸(はり灸)を行うことで、筋肉の緊張をゆるめ、痛みや肩の動きの悪さを調整します。
関節の癒着が起こりにくくなるため、回復が早くなります。

五十肩の治療の場合は、ご自宅でできる体操やストレッチをお教えします。

いつまでも治らない場合

激痛がなく、いつまでも可動域が改善しないとき。肩周りの「コリ」が原因のときがあります。
その場合は、関連筋群の「コリ」がゆるめばいい確率で改善します。