テレビで紹介された生活習慣病を予防する健康食材とレシピを紹介する健康専門ドットコム

スポンサードリンク

ゴボウ・トマトの野菜スープで内臓脂肪の予防・改善

メタボリック症候群とは・・・。

 

内臓脂肪肥満型に加え、腹囲、女性-90センチ以上、
男性85センチ以上で、高血糖、高血圧、高脂血症の
いづれか2つ以上がともなう状態。

 

          (メタボリック診断基準検討委員会)

 

 

命にかかわる大病の危険性が高まると言います。

 

 

正常脂肪細胞は、善玉物質「アデポネクチン」を分泌し、
代謝を正常化し、動脈硬化を予防。さらに健康増進。

 

 

この「アデポネクチン」は正義の味方のホルモン。
日本人が発見したホルモン。
体全体を活性化するんですね。
運動すると増えると、日経新聞にも昨年掲載されていました。

 

 

内臓脂肪太り細胞は、悪玉物質を分泌し、高血糖、高血圧、
高脂血症を招き、メタボリック症候群に。

 

 

 

 

             内臓脂肪
               ↓       
    高血糖       高血圧     高脂血症
    ↓                 ↓
   糖尿病                心臓肥大
    ↓                    ↓
腎症、網膜症、神経症   動脈硬化 脳血管障害 心筋梗塞
↓   ↓     ↓        ↓    ↓      ↓
透析 失明  下肢切断   脳卒中  認知症   心不全

 

 

 内臓脂肪は、こんな恐ろしい病気を引き起こすんですね。
そこで、内臓脂肪を予防・改善!

 

 

お肉を食べるときは、3倍の野菜を摂取すること。

100gのお肉を食べるときは、300gの野菜です。

 

 

野菜サラダだと、すごい量になりますよね。
そこで、医学博士、岡部正先生おすすめは、

 

「ゴボウ・トマトの野菜スープ」

 

 

ゴボウは、リグニンという食物繊維が豊富。
脂肪の吸収を減らし、コレステロールを下げます。

 

 

 

トマトは、食物繊維のほかに、オスモチンという
植物タンパク質が豊富。
善玉のアデポネクチンと同じ作用をします。

 

 

 

ゴボウは、リグニンが出やすい、ささがきに。
トマトは、煮て食物繊維が多い缶詰を使用した、
「ゴボウ・トマトの野菜スープ」は、
内臓脂肪太り予防・改善効果を高めます。

 

肉と一緒に食べるときは、生よりも、煮物やスープで
効率よく野菜の栄養素を吸収しましょう。

 

肉を食べるときは、同じ量の野菜をとる。
と勘違いしやすいですよね。

 

実は、お肉の3倍の野菜でした。
「ゴボウ・トマトの野菜スープ」を食べて、
メタボリックシンドロームを予防改善したいですよね。

 

 

腹囲が(お腹周り)が身長の半分の長さを超えている人は
すべてメタボリックシンドロームの予備軍である可能性が高い!
ですって。
腹囲が身長の半分以上のひとは、アデポネクチンの量が下がる
と言います。

 

 

栄養は、毎日バランスよく食事から。
バランスのとれた食事と適度の運動、ストレスを溜めないように。

 

そして、毎日、健康で、元気に。
生活習慣病予防改善は、毎日の食材から。

 

 

みなさまの毎日にいっぱい、いっぱい、いいことがありますように。

 

 

更新情報

 

講師 岡部クリニック講師
医学博士 岡部 正 先生
2007年 1月19日 おもいッきりテレビ参照

 

 


スポンサードリンク
page top