テレビで紹介された生活習慣病を予防する健康食材とレシピを紹介する健康専門ドットコム

スポンサードリンク

大根と緑茶で中性脂肪を抑え減少させ、メタボ予防!

メタボリックシンドロームになると死亡率が高くなると言います。
全死亡、心血管疾患死亡、脳卒中で年間30万人が死亡。
ですって。

 

メタボリックシンドロームを招く死の危機を高める原因の体内の脂肪、
中性脂肪・内臓脂肪・コレステロールを食事で予防改善しましょう。

 

おもいッきり 最新情報!
まずは中性脂肪を予防改善!
大根には中性脂肪を低下させ、体脂肪の蓄積を抑制する作用があることを確認

 

                             (日本栄養・食糧学会発表)

 

 

 

大根の辛味成分(イソチアシアネード)が、中性脂肪の元となる脂肪を
抑えているのでは・・・と。

 

 

 

そして、 中性脂肪を減らすために食事中に飲む飲み物は「緑茶」。
なんと、 緑茶の成分が中性脂肪・体重・BMIを減少させたと、
日本栄養・食糧学会が発表。

 

 

緑茶を飲むタイミングは食事中。
一回の食事で一杯でいいと言います。

 

 

大根は、すりおろした大根を大さじ3杯ですって、
大根の先のほうが辛味成分が多いと言います。
サラダにかけて、すりおろした大根を食べるのもおいしいですよね。

 

 

大根の辛味成分と緑茶のカテキンで中性脂肪を抑制そして減少。
ですね。

 

 

ちょっと、食事に添えるだけでメタボリックシンドロームのもとの
中性脂肪を減少させるんですね。

 

体内の危険な脂肪をエイ!ヤー!

 

 

毎日の食事を工夫してメタボリックシンドロームを予防ですね。

 

 

脂肪は食事から。運動不足。それから空腹時に。
空腹になると、肝臓が飢餓に備えて脂肪を作ると言います。

 

 

食事を工夫して中性脂肪を減少。
運動で脂肪を燃やしましょう。
そして、長い空腹状態をなるべく作らないように。
10時以降の食事は禁物。
夕食は早めに摂りたいですね。

 

 

私もどうしても、夕食が遅くなりがち。
気をつけないとね。

 

 

 

講師 高輪メディカルクリニック院長
東海大学医学部教授
(抗加齢ドック)
医学博士 久保明先生
2007.6.26.おもいッきりテレビ参照

 


スポンサードリンク
page top