テレビで紹介された生活習慣病を予防する健康食材とレシピを紹介する健康専門ドットコム

スポンサードリンク

食後の脂肪化を抑えてくれる食材レモン

お酒を飲んだ後のラーメン。
すごく食べたくなりますよね。

 

そんな、寝る間近にとった脂質は、
寝ている間に血中にどんどん溢れ出し、
脂肪となって体に溜め込みます。

 

 

学会で発表された新情報!
なんと、食後の脂肪化を抑えてくれる食材が、
あったのです。

 

 

そう、レモンでした。

すっぱいレモンにすごい力が。

 

 

「レモン特有の『エリオシトリン』というポリフェノールが、
腸での脂肪の吸収を抑制。」
『エリオシトリン』とは、レモンやライム特有のポリフェノール。
摂った脂質が腸から血中へ吸収されるのを抑える

 

東海学園大学人間健康学部 講師 三宅義明 先生

 

ステーキの上に、揚げ物に添えられてレモンには、
風味を良くするだけでなく、身体の中で脂肪化を
抑える意味もあったんですね。

 

 

そこで、脂質をたくさんとった夜には『レモン水』。
出来るだけ、レモン果汁をたくさん絞って、
水でお好みに薄めて飲む。
食後、なるべく早く飲むこと。
このことが少しでも、脂肪になる量を減らすと言います。

 

夜食は食べないほうがいいのですが、どうしても

食べたいときは、食べたすぐ後にレモン水を摂るといいんですね

 

夜、お腹が空いて、どうしても我慢ができないときは、
寝る20分ぐらい前までなら、フルーツが、いいみたいですよ。

 

 

毎日バランスよく、食材から栄養を。
バランスのとれた食事と適度の運動、そしてストレスを溜めないように。
毎日、健康で、元気に。
生活習慣病予防改善は、毎日の食材から。
そして、みなさまの毎日にいっぱいいいことがありますように。

スポンサードリンク
page top