テレビで紹介された生活習慣病を予防する健康食材とレシピを紹介する健康専門ドットコム

スポンサードリンク

ウナギを美味しく食べてメタボリック予防!

ウナギには魚肉成分効果がたくさん詰っています。
ウナギに多いビタミンB群(B1、B2)は高血糖抑制作用が
あると言います。

 

まさに糖尿病予防ですね。

 

そして、 ウナギに多いDHA・EPAは短期間で血中の脂肪を
低下させる作用があることが判明。           

 

(女子栄養大学教授 鈴木平光先生)

 

この2つの作用、高血糖抑制効果と血中の脂肪低下作用の相乗効果で
メタボリックシンドロームを強力に予防すると言います。

 

さらに、ウナギの成分が糖、脂肪を燃やして血圧を下げるんですって。

ウナギのメタボリック症候群予防効果を高めるには、 蒲焼を温めるときに
料理酒とオーブントースターを使うと 効果が高まると言います。

 

 

ふっくらと、柔らかく、香ばしく仕上がります。
料理酒はアミノ酸が多く、普通のお酒の約5倍もあるんですね。

 

アミノ酸と糖が反応して香ばしい香りがします。
その香りが、メラノイジンと言う成分です。
このメラノイジンと言う成分が、高血糖、高脂肪を抑制し、
メタボリック症候群の危険因子を下げるですね。

 

最後に市販のウナギの蒲焼をふっくら、柔らかく、香ばしく仕上げて
メタボリック症候群を予防する調理のポイントです。

 

調理のポイント

 

○フライパンにウナギを入れます。  
料理酒と水を1:1の割合でウナギがひたひたになるぐらい  
入れます。弱火で約30秒加熱します。  

 

火を消して、さらに30秒おきます。
○次にオーブントースターで30秒加熱します。  
ウナギにたれを塗ってさらに1分加熱します。  

 

ふっくら、柔らかく、香ばしいウナギの蒲焼の出来上がりです。

 

 

今回は、ウナギを美味しく食べて、メタボリンクシンドローム予防。
内臓肥満予防でした。

 

夏場のスタミナ源としてのウナギ。
さらに美肌効果も期待できてうれしい限りですね。
栄養は、毎日バランスよく食事から。
バランスのとれた食事と適度の運動。

 

ストレスを溜めないように。
そして、毎日、健康で、元気に。
生活習慣病予防改善は、毎日の食材から。

 

みなさまの毎日にいっぱい、いっぱい、 いいことがありますように。

 

 

 

講師 女子栄養大学栄養学部教授     
医学博士 鈴木平光先生 2007.7.27おもいッきりテレビ参照


スポンサードリンク
page top