テレビで紹介された生活習慣病を予防する健康食材とレシピを紹介する健康専門ドットコム

スポンサードリンク

黒酢のアミノ酸は、米酢の約10倍

黒酢のアミノ酸は、米酢の約10倍だと言います。
黒酢のアミノ酸は小腸からの吸収を抑え、
さらに、体にたまった脂肪も追い出すという優れもの。

 

男性は、脂肪が内臓にたまりやすく、
女性は皮下脂肪として、
蓄積しやすいので要注意!

 

そこで、嬉しいのが黒酢の効果。

 

>>>代々続く酢専門店はこちらをクリック!

 

ラットの実験では、糖と脂肪のエサに黒酢を加えると、
中性脂肪が約1/2に減少したと言います。

 

恐るべき黒酢パワー。

 

脂肪といっしょに黒酢を摂ると、脂肪の吸収を抑え、
さらに、体にたまった脂肪も排出するのはうれしいですよね。

 

 

肉は調理する前に黒酢に漬け込むといいと言います。
柔らかくなり、脂肪の吸収も抑えられるんですね。

 

黒酢の肥満予防効果をさらにひきだすには、ゆずと組合わせます。
ゆずのヘスペリジンとの相乗効果で脂肪の分解をさらに促進
するんですって。

 

 

25年間黒酢を研究された、医学博士 中山貞男先生のおすすめは

 

「ゆず入り黒酢」でした。

 

黒酢、しょう油、ゆずと混ぜ合わせます。
肉(牛、豚、鶏)になじませて、約15分漬け込みます。
そして、肉は焼いたり、揚げ物などのお好みの料理で。

 

ゆず入り黒酢は作りおいて、いろんな料理に使うといいんですって。
おひたしにしたり、冷奴にしたり、お魚にかけたり。
塩分も抑えられ、うれしいことばかりです。

 

ゆず入り黒酢は、豚肉に使うと、豚肉に多いビタミンB群を壊さずに
摂取できるんですって。

 

 

さらに、黒酢は、 ノロウイルスの殺菌効果も期待!

ゆず入り黒酢を上手に摂って、肥満予防。

 

ゆず入り黒酢を摂って、毎日健康で元気に。

 

 

毎日バランスよく、食材から栄養を。
バランスのとれた食事と適度の運動、
そしてストレスを溜めないように。
毎日、健康で、元気に。
生活習慣病予防改善は、毎日の食材から。

 

 

そして、みなさまの毎日にいっぱい
いいことがありますように。

 

講師  昭和大学保健医療学部教授
医学博士 中山貞男先生
2006年12月19日 おもいッきりテレビ参照


スポンサードリンク
page top