テレビで紹介された生活習慣病を予防する健康食材とレシピを紹介する健康専門ドットコム

スポンサードリンク

内臓肥満予防! 内臓脂肪を落とし尿酸値を上げない!

日本肥満学会最新情報!
運動しなくても内臓脂肪を落とす、
メタボリック症候群最新予防法。

 

溜めない!増やさない!燃やす!尿酸値を上げない!

 

尿酸値を上げない!
ですね。

 

 

 

○まずは、内臓脂肪を溜めない!方法。
 「緑黄野菜を摂る」

 

 

○脂肪細胞を増やさない!方法。
 「なすのぬか漬けを摂る」

 

 

○脂肪細胞を燃やす!方法。
 「イクラを摂る」

 

 

○尿酸値を上げない!
 「水を多めにとる」

 

 

日本肥満学会最新情報!
メタボリック症候群の原因は、
内臓肥満、高血糖、高脂血、高血圧。
さらに、高尿酸が、重大な原因になることが判明。

 

           (大阪府立成人病センター)

 

 

私も血糖値が高い、コレステロール値が高い、
尿酸値が高い、そして、血圧が高い。
4つもはまっている、やばい、やばい。

 

ちょっと運動不足、塩っ辛いのが好き。ストレス。かな?
やはり生活習慣とは怖いですね。
尿酸値の高い人の7割が、メタボリック症候群なんですって。

 

 

尿酸の結晶が、痛風ですよ。
風が吹いても痛いという。痛風にはなりたくありませんよね。

 

 

尿酸値の上昇を抑えるには、水を多めに摂ること。

(1日1.5リットル〜2リットルぐらい)

 

 

水は尿酸の排泄をうながし、メタボリック症候群につながる
肥満を予防すると言います。

 

 

水の温度は37度ぐらい。
代謝を上げると言います。

 

 

冷たい水は、代謝を下げるので要注意。

水道水の場合は、一度沸騰させるといいんですって。
尿酸値の上昇を抑えるには、人肌ぐらいのぬるい水ですよ

 

脂肪を溜めずに、増やさない。燃やす。そして、尿酸値を上げない! 

 

尿酸値の上昇を抑えるには、水ですよ。
人肌ぐらいの水を1日、1.5リットルから2リットルぐらいのむ。

 

栄養は、毎日バランスよく食事から。

 

バランスのとれた食事と適度の運動、ストレスを溜めないように
そして、毎日、健康で、元気に。
生活習慣病予防改善は、毎日の食材から。

 

 

みなさまの毎日にいっぱい、いっぱい、いいことがありますように。

 

 

内臓脂肪はたまりやすい反面、減りやすいので
ちょっとした工夫で効果があります。

 

普通預金みたいなものですって。

 

恵比寿アンチエイジングクリニック
                       院長 青木 晃 先生
          2006年11月15日 おもいッきりテレビ参照

スポンサードリンク
page top