テレビで紹介された生活習慣病を予防する健康食材とレシピを紹介する健康専門ドットコム

スポンサードリンク

黒豆の成分、シアニジンのチカラ

健康増進、肥満改善効果で、黒色食材がブーム。
寒くなる、これからの季節。
生活習慣病予防にすぐれた効果を発揮する
黒豆、黒ゴマ。

 

黒豆の成分、シアニジンは、内臓の脂肪の蓄積を
抑え、さらに燃やす効果がすぐれていることが判明。

 

              2006年日本栄養食糧学会

 

 

 

黒豆は、内臓脂肪を減らす効果と内臓脂肪を
燃やし、コレステロールの吸収を抑え排出促進効果が期待!

 

生活習慣病を防ぐ黒豆。
内臓脂肪を減らす黒豆の効果を高めるには

 

お酒を加えて煮る!

ですって。

 

お酒を加えることは、黒豆の内臓脂肪を燃やす成分の
吸収を5倍に高めると言います。

 

 

 

おもいッきりテレビおすすめは、

「お酒で煮る黒豆大根おろし和え」

 

でした。
大豆サポニンはのどにも良く、風邪も防ぐといいます。

 

 

内臓脂肪を効果的に減らし、生活習慣病を防ぐ、

 

黒豆煮のつくりかたは・・・。

 

1.水500ccと酒500ccに黒豆50gを加え一晩浸します。

 

2.一晩浸した1.にだし汁を200cc、みりん・しょう油を大さじ6を
 入れ20分ぐらい煮ます。

 

3.大根おろしをかけて出来上がり。
 これを1日10粒ぐらい食べます。

 

冷蔵の保存は、1週間ぐらいですって。

 

 

さらに、医学博士、野崎先生は、
「豆や、ゴマの成分には強力な抗酸化力があり、
健康増進にはこれらの食材を毎日じょうずに摂ること」
ですって。

 

 

毎日バランスよく、食材から栄養を。
バランスのとれた食事と適度の運動、そしてストレスを溜めないように。
毎日、健康で、元気に。
生活習慣病予防改善は、毎日の食材から。
そして、みなさまの毎日にいっぱいいいことがありますように

 

 

 

日本東洋学会指導員
         ノザキクリニック院長
        医学博士 野崎 豊先生

 

 


スポンサードリンク
page top