テレビで紹介された生活習慣病を予防する健康食材とレシピを紹介する健康専門ドットコム

スポンサードリンク

ジャガイモで肥満予防

植物の生命の酵素を壊さない食事法。
食材の酵素が最も活性化する温度は
40℃〜50℃ですって。
この酵素が代謝を活性化して、肥満を防ぐ。
と言います。

 

 

その食材とは、イモ類。
やせたかったら、イモ類ですって。
なんか、えっ。っていう感じですよね。
サトイモ、サツマイモ、ジャガイモなどですよ。

 

中でも最も効果的な食材が、ジャガイモ。
調理方法は、ジャガイモを細かく切る。
そして、弱加熱。この弱加熱が酵素を活性化
させるんですって。

 

この弱加熱がなんと、ジャガイモの成分のギャバを2倍に

増やします。

 

ギャバは、肝臓のコレステロール、脂質を減らします。
血中の中性脂肪も燃やしたり、脂肪燃焼高効果を高めます。

 

そして、肥満予防効果の高いジャガイモを弱加熱する
そのポイントは・・・・・。

 

千切りにしたジャガイモ1/2個分を耐熱ボウルの水

500ccに沈め、電子レンジで1分半、加熱します。
これを、サラダなどにして、食べるんですね。

 

 

 

 

酵素は酸素に触れると壊れます。
そこで、食材を水の中に入れて加熱します。
これが、食材を高加熱しないための「弱加熱」のポイント!
ですって。

 

シャリシャリして、おいしい。
と、おもいッきりテレビのゲストさんたち。
さっぱりして、なかなかおいしい。との声も。
みのさんも、おいしいおいしいの連発。

 

3日に1回、1/2個のジャガイモを弱加熱して食べるだけ。
おいしく食べて、体内脂肪も燃焼。
毎日元気いっぱいですね。

 

そして、肥満予防で健康効果も。

 

私もおもわず、弱加熱法で
おいしいジャガイモサラダを食べたくなりました。

 

ジャガイモをおいしく食べて、肝臓のコレステロール、血中の中性脂肪を燃やし、
さらに、肥満予防。

 

とっても、うれしい情報でした。

 

毎日バランスよく、食材から栄養を。
バランスのとれた食事と適度の運動、そしてストレスを溜めないように。

 

毎日、健康で、元気に。
生活習慣病予防改善は、毎日の食材から。

 

 

そして、みなさまの毎日にいっぱいいいことがありますように。

 

06.5.10 おもいッきりテレビ 参照


スポンサードリンク
page top