テレビで紹介された生活習慣病を予防する健康食材とレシピを紹介する健康専門ドットコム

スポンサードリンク

夕食にいくらで、高脂血症や脂肪肝、内臓肥満予防

春には肝臓のリズムが乱れ、働きが低下するといいます。
そして、なんと、
脂肪肝、肝炎、肝硬変を引き起こすことも・・・・。
春先は、胃腸障害の原因にも・・・・。

 

 

そこで、肝臓の代謝のリズムを整えることですね。

 

肝臓のコレステロールや中性脂肪の合成を抑制したり、分解したり、
燃焼させて高脂血症や脂肪肝などの内臓肥満を予防、改善!

 

ポイントは、夕食の栄養素の摂り方を工夫することです。
そうすることは、コレステロールを溜めにくくします。
夜間のコレステロールの合成を抑えることは、
夕食にコレステロールを含む食材を積極的にとること。

 

えっ。と思いがち。
しかし、夕食にコレステロールが少ないと、
肝臓が、体にコレステロールが足りないと勘違いして、
たくさん作って、体にコレステロールを溜めます。

 

コレステロールを含む、最もよい食材は何だと思います。
鮭のたまご、「いくら」だそうです。

 

いくらのタウリンが、さらにコレステロールを分解します。
そして、いくらに多く含まれるアミノ酸であるバリンが
肝臓での脂肪分解量を7〜70倍に増やすといいます。

 

                    (東北大学医学部)

 

夕食には100gのコレステロールを摂ることが良いんですって。
いくらが最高ですが、毎日いくらでは、
いくら、良いといっても飽きますよね。

 

いくらなら、ティスプーンで、2〜3杯ぐらい。
小皿1杯ぐらいかな。

 

いくらの他には、うなぎ 約半串
イカのさしみなら、小皿一杯ぐらい。
卵焼き。卵焼きなら半分。
たらこ1ハラと半分。
スルメ 小皿 1杯。

 

夕食にコレステロールを摂ることは、逆にコレステロールを
減らしてくれるんですね。

 

肝臓が、コレステロールがあるから、作らなくていいよ。

 

と 判断するんですね。
そして、夜食に200gの炭水化物を摂るといいと言います。
寝る30分〜1時間前に。

 

やきいも、お茶付茶碗1杯。おにぎりなら2個、南部せんべいなどなど。
寝る前にやたら、おなかが空く私には、グット・ニュースでした。

 

寝る4時間前は、食べるな!というのが、合言葉のようでしたが。
実は、3色+夜食が肝臓の機能を快調にし、体内に脂肪を溜めないことが
証明されてました。

 

ただし、1日の総摂取分のカロリー量を守ること。
夕食を少なめにして、夜食の油ものは避けることです。

 

夕食には、コレステロールの入った、「いくら」。
そして、夜食は、炭水化物。
これで、体内のコレステロールを減らします。
昼食には、肝臓の解毒を助けるキャベツ。
キャベツ50gですよ。新鮮なキャベツのサラダはとてもジューシーですね。

 

肝臓は、一日中働いています。
特に夜中から、朝にかけて、お腹を空かした状態が長いと、
お腹が空いた状態を察知して、体内の栄養素、糖質、タンパク質などを
分解して、体に必要な、コレステロールを溜め始めるんですね。

 

夕食はいくらを摂って、
コレステロールを吸収。
そして、余分なコレステロールを肝臓が作らないように
してあげることですね。

 

肝臓さん。 ちょっと、休憩・・・・・。

 

毎日バランスよく、食材から栄養を。
バランスのとれた食事と適度の運動、そしてストレスを溜めないように。
毎日、健康で、元気に。
生活習慣病予防改善は、毎日の食材から。
そして、みなさまの毎日にいっぱいいいことがありますように。


スポンサードリンク
page top