伝統鍼灸臨床セミナー

素問という鍼灸の古典に書かれている言葉のようです。
今日は、八丁堀で勉強会です。
素問、霊枢の中における心理学というのがあるそうです。
気質の話からスタートしました。
和ら会真和塾

令和元年最後の授業です。
わたしは経絡按摩を教えています。
月一回なので、覚えるのは基本家などの日常です。
ホントは、最初の数ヶ月一日五時間くらい手が動かせるのが、近道なのです。
覚えるのは、難しくないのですが、難しいのは、相手の状態に合わせていけることです。これは、どうやっても時間がかかると思います。

哲学と心理学が大事と師匠の講義が続きます。

来年の3月1日に日本伝統鍼灸学会主催の伝統鍼灸臨床セミナー第5回が開催されます。
テーマは「産後と子育て支援-育児から小児神経まで-」

このセミナーは初学者向けの講座です。伝統的鍼灸治療の実際に興味のある学生、卒後数年の鍼灸師、初心に帰って学ぼうと思われているベテラン鍼灸師の先生方、前回に引き続き受講をお待ちしております。

ますます充実したセミナー企画となります。
伝統鍼灸臨床セミナー