テレビで紹介された生活習慣病を予防する健康食材とレシピを紹介する健康専門ドットコム

スポンサードリンク

心臓の働きの改善、狭心症をも防ぐアロエで肝臓強化、ガン予防、糖尿病予防、肝・腎活性

☆アロエでガン予防、糖尿病予防、肝・腎活性、
  胃腸強化、老化予防、高血圧抑制 
                             05.8月
医者いらず"と呼ばれる「アロエ」
父が胃ガンで亡くなったこともあり、自分も健康の勉強をしながら、
さらにみなさんにも元気な生活を、素敵な人生を送っていただけたらと思い、
日々健康になる食材を紹介していきたいと思います。

 

そこで、さっそく今回は、みのもんたさんの
「おもいッきりテレビ」で「アロエ」の特集でした。
夏の疲れた体に、「アロエ」のパワーが対応します。

 

 

アロエは暑さで傷んだ肝臓の働きを改善・修復し
"医者いらず"と呼ばれます。

 

「アロエベラ」の葉肉(なかのゼリー部分)は腎臓、肝臓の働きを改善、
さらに老化を遅らせる成分がいっぱい含まれているといいます。

 

若さをいつまでも保つアロエ、実に素晴らしい。
そして、内臓も元気、元気、元気いっぱいになりますね。
また、皮膚にぬると、肌の若さを保つ効果が高まり、シミも防ぐと。
なんと素晴らしいアロエの力でしょう。

 

 

ひざにぬると、関節の痛みや炎症を予防し改善。
「アロエベラ」の葉肉(ゼリー部分)は透明。

 

ゼリーが好きなバルーンには、たまらなく、おいしそうに見えました。
それを、狭心症患者5000人に摂取していただいたところ、
なんと90%の人が狭心症の改善がみられたということです。

 

 

夏に酷使した心臓の働きの改善、狭心症をも防ぐ効果も。
そして、?「キダチアロエ」こちらは、胃潰瘍、腸のポリープなどを修復し、
ガンなども予防するといいます。

 

 

疲れ気味の方、胃腸が弱い方、高血圧、低血圧、 肝臓の弱っている方、
糖尿病の方にも、血糖値を下げる成分もたくさん含まれている「アロエ」です。
などなど、いろいろな症状に対応する優れもの。

 

さすが"医者いらず"と呼ばれる「アロエ」ですね。
今回は、自然治癒効果の高い「アロエ」をとりあげました。

 

それではみなさま。
素敵な日々を、お元気にお過ごしくださいね。

 

老化防止で若返り、いつになっても美肌、美肌。
でいたいですね。

 

 


スポンサードリンク

アロエで肝臓強化関連ページ

疲れ目にしじみ汁
目は、肝臓と深いつながりがあるといいます。肝臓を元気にして目の疲れを取りましょう。
白菜で肝臓強化
肝臓にやさしい野菜、白菜。 すばやくアルコールを吸収して、二日酔いを防ぐ白菜を紹介します。
黒ゴマで肝臓強化
黒ゴマには、老化を抑える効果があると言われています。