商品名 葉酸で高血圧性疾患を予防
カテゴリ 高血圧予防改善

葉酸を効率よく摂取して、高血圧性疾患を予防しましょう。
こんな食材に葉酸は多く含まれていると言います。
レバー、納豆、たらこ、鮭、小松菜、アスパラ。

 

 

冬に不足がちな栄養素、葉酸。
葉酸が不足すると、高血圧性疾患の死亡につながるといいます。
月別に死亡数が多いのが12月~3月の寒い時期に多いんですって。
葉酸は寒さのストレスで、消耗して貧血になりやすくなります。

 

葉酸の働き
○血管を傷つけるホモステイン成分を抑えて、血管を柔らかく
元気にします。
○血行を良くし、血液サラサラ効果を促します。
○高血圧を防ぎます。

 

葉酸を効率よく摂取すると、血管を柔軟にし、高血圧、
動脈硬化を防ぐんですって。

 

葉酸は、ビタミンCといっしょに摂ると、パワーアップすると言います。
両方兼ね備えているのが、「小松菜」。
高血圧、動脈硬化を防ぐ、小松菜。
この小松菜といっしょに摂ると、さらに効果的な食材は「酒粕」ですって。

 

伊達友美先生おすすめは「小松菜の粕汁」でした。
体があったまって、美味しいと、評判でしたね。
これなら、私もすぐ出来そうですね。

 

 

恵比寿 アンチエイジングクリニック
栄養学博士 管理栄養士 伊達友美先生

※2007年1月9日 おもいッきりテレビ参照

 

酒粕の酵素は腸の中で葉酸を作り、小松菜を食べると食材からも葉酸が
取れて、葉酸の摂取量が増え、効果的なんですって。
体も温まり、寒さからのストレスも解消。
ですね。

 

毎日バランスよく、食材から栄養を取りましょうね。
バランスのとれた食事と適度の運動、そしてストレスを溜めないように。
毎日、健康で、元気に。
生活習慣病予防改善は、毎日の食材から。