商品名 心筋梗塞をコエンザイムQ10と葉酸で防いで心臓元気!
カテゴリ 心筋梗塞・心疾患

コエンザイムQ10
アンチエイジングに一時ブームになっていました。
いまはしっかり定着しています。

 

コエンザイムQ10は、心臓自体の機能を高め、
葉酸は動脈硬化を防ぐ効果があるといいます。
コエンザイムQ10は、全身の細胞に不可欠な
エネルギー。
心拍数とは、ご存知のとおり。
心臓が収縮を繰り返して、「ドッ」「クン」と
全身に血液を送りす、1分間の収縮の回数が心拍数。

 

 

身体を動かすと心拍数が上がるのは、
身体が必要としている酸素を、心拍数を上げることで
身体に送り届けようとするからということです。

 

 

上がった心拍数は身体を休めれば、通常5分ほどで元に。
しかし、一度上がった心拍数が、なかなか下がらない人も
いるといいます。
「心拍数が下がりにくい原因には、2つあり、
ひとつががストレス。

 

 

人の身体は、ストレスがかかると全身の細胞に

大量の血液を必要とします。
もしストレスが続けば、心拍数は下がりません。
心臓に、負担がかかります。

 

 

すばやく、「心拍数を下げるのに、1番有効なのは、
ある呼吸なんですって。」
あるある流「呼吸法」
「4×2=8(シニガハチ)呼吸法」でした。

 

 

目を閉じ、4秒間鼻から息を吸い込み、
お腹が膨らむように、息を吸い込むのが、ポイント。

 
息を2秒間止て、
8秒間かけて、ゆっくり鼻から吐き出す。
「吸う」より、「吐く」時間を長くとることがポイント!
安静時の心拍数に戻るのは約1分。
「心拍数が下がりにくいもう一つの原因に、
動脈硬化などの血管トラブルが・・・・・・・。
現代の食生活は、高カロリー、高脂肪。
若い人でも、血管にトラブルを抱える人が・・・。
動脈が硬くなると、血流が悪く。
心臓は心拍数を上げ、全身に必要な血液を送ります。
これが、心拍数が下がりにくくなる原因だそうです。

 

 

もしこの動脈硬化で、心臓に、酸素と栄養を送る
動脈が詰まってしまうと、

心臓に栄養が送られず、細胞が死んでしまいます。
これが「心筋梗塞」。

 

 

アメリカで、心臓病を予防する為に、
摂るよう心がけている栄養素とは。
コエンザイムQ10と葉酸。

 

 

心臓の機能を高く維持するためには、サプリで
補うのが一番です。
葉酸は、血液中に流れ出ると、動脈硬化を引き起こす
物質を退治します。

 

葉酸を多く含む食品は、緑黄色野菜。
動脈硬化を防ぐ為に必要な葉酸量は、1日400μg以上。
ほうれん草では、約8束
パセリは4把
ブロッコリーは3株
モロヘイヤは700gです。
相当な量を食べないといけません。
そこで、サプリメントなどで補うのがいいですね。

 

 

葉酸摂取量は、どの年代でも不足しております。
緑黄野菜をいっぱい食べて、サプリメントで補う・・・。
これで、みなさんの心臓も元気に!
栄養は、毎日バランスよく食事から。

バランスのとれた食事と適度の運動、
ストレスを溜めないように

そして、毎日、健康で、元気に。
生活習慣病予防改善は、毎日の食材から。
06.1.29 あるある大辞典 参照