商品名 酢で糖を燃やして、内臓脂肪を燃やし心筋梗塞予防!
カテゴリ 心筋梗塞・心疾患

今日は酢の話。
血圧が高い時に塩の代わりに酢を使うと塩分が減らせます。
でも酢のスゴイのはクエン酸が糖を燃やして、エネルギーを作ること。
血液の糖質過多が引き金である内臓脂肪。

 

 

ミツカンの実験では12週間のお酢摂取で明らかにメタボ対策効果あり

 
◎内蔵脂肪低下効果
◎実証されたお酢の血圧低下作用
◎血糖値上昇が抑制される
http://www.健康酢.jp/100/ent1678.html

 

 

この内臓脂肪の新規基準をアメリカマスター大学が発表。
ウエスト÷ヒップ=男は0.9・女は0.85以上は、
心筋梗塞の危険度が3培増加するといいます。

 

 

そこで、血液の糖質過多を素早く改善するには、積極的に
摂る食材があります。

おすすは「酢」
クエン酸が糖を燃やして、エネルギーを作るといいます。
酢の物にレモン汁を加えるとさらに効果があがるんですね。

スッパ!そう。
心筋梗塞は、夜中から早朝に起こりやすいため

夕食に摂るといいんですって。

酢の物にレモン汁をかけて、生活習慣病予防!

ですね。

 

 

そして、今日も健康で元気に。
栄養は、毎日バランスよく食事から。
バランスのとれた食事と適度の運動、ストレスを溜めないように。

 

 

そして、毎日、健康で、元気に。
生活習慣病予防改善は、毎日の食材から。
2006年8月31日 おもいッきりテレビ参考

 

 

>>>美味しくて健康にいい酢はこちら<<<