商品名 油揚げでマグネシウム不足を防ぎ心疾患を予防!
カテゴリ 心筋梗塞・心疾患

心臓の突然死を防ぎ、マグネシウムを効率よく摂取する食材油揚げ。
冬に不足がちなマグネシウム。
マグネシウムが不足すると、心疾患の死亡につながると言います。

 

月別に多いのが1月度。

 

a0002_011227
そこで、グネシウムを効率よく摂取したいですね。

 

 

こんな食材にマグネシウムは多く含まれていると言います。
ほうれん草、アーモンド、青のり、こんぶ、油揚げ、豆腐。

マグネスウムは、心臓の筋肉の働きを良くして、
突然死を防ぐんですね。
そして、マグネシウムとカルシウムは、
バランスよく摂取することが大事。
カルシウムとマグネシウムはくっついて、血管の中を流れます。
カルシウムを多くとって、マグネシウムが不足すると、
血管壁にカルシウムがたまって、狭心症になりやすいんですって。
冬は、寒さで筋肉が硬直。そしてマグネシウムが消耗。
また、カルシウムは気をつけて摂取しますが、
マグネシウムは不足がちに。
血中のマグネシウムが多いと突然死の危険が低く、
マグネシウムが少ないと、危険度が高くなるんですね。
1日280gのマグネシウムが必要だと言います。

 
伊達友美先生おすすめは、「油揚げ」。

油揚げは心臓の突然死を防ぎ、マグネシウムを効率よく摂取する食材。
油揚げ100g中に、
マグネシウム 130mg
カルシウム   300mgが、
1:2.5でバランスよく配合。
ですって。

 
油揚げはさらに熱を加えると、マグネシウムが
やわらかくなり、吸収されやすくなると言います。
また、調理前の下ごしらえに10分間酢につけると、
酢のキレート効果で、マグネシウムの吸収を20%アップ。
タンパク質も吸収され、なおGoo!
心臓の突然死を防ぐために、
油揚げのマグネシウムを効率よく吸収する調理のひと工夫。

 

調理前に酢につける。
加熱してマグネシウムを吸収しやすくするでした。
1日1回、油揚げ料理を食事に加えましょう。
お味噌汁に入れたり、おいなりさん。きのことのいため物など。

——ネットで見つけた油揚げ料理——

 >>>クックパッドより
油揚げの1日の摂取量の目安は、1枚の半分でいいんですって。

 

1月は、心臓の突然死が非常に多い月だと言います。
私の知人も年が明けてから、2人亡くなっています。

 

一人は、30代前半のサーファーです。
元気いっぱいの若者でした。
1/2の早朝に突然死。

 

また、尊敬する50代半ばの女性も。
1/6の早朝突然死。
みなさんも、若いからって安心してはダメですよ。
毎日バランスよく、食材から栄養を取りましょうね。

 

バランスのとれた食事と適度の運動、そしてストレスを溜めないように。
毎日、健康で、元気に。
生活習慣病予防改善は、毎日の食材から。

恵比寿 アンチエイジングクリニック
栄養学博士 管理栄養士 伊達友美先生

2007年1月10日 おもいッきりテレビ参照