商品名 カカオチョコレートのダイエット効果!に注目
カテゴリ 心筋梗塞・心疾患

チョコレートに実際ダイエット効果があるというお話
カカオ成分に期待される健康作用

 

a1370_000414

○糖尿病予防(インスリン感受性の改善)
○高めの血圧の効果
○心血管疾患の予防

 

 

不調改善と体調アップ

○便秘改善
○血液を凝固しにくく
○肌に対する紫外線の害を減らし、保湿量を高める。

 

 

2005年のイタリアの研究では、カカオ50%のチョコレートを食べるグループとホワイトチョコレートを食べるグループを15日間比べたところ、
カカオ50%のグループではインスリン感受性が改善。

 

 

この数値が改善されると言うことは、
脂肪細胞に脂肪を溜めにくく、太りにくい体に。

 

 

カカオのポリフェノールは、脂肪燃焼を促すと言います。
さらに、カカオの苦味成分は、血流を促し、
代謝を活性させる効果も。

 

 

しかし、チョコレートは高カロリーなので、
食べすぎには注意。1日50g程度に抑えたいですね。

 

 

カカオには過度な食欲を抑える成分も入っているので、
空腹時や食前に少量のカカオチョコレートを食べると良いと言います。

 

 

日本だけでなく、欧米でもカカオ成分の健康効果に注目。

欧米では、カカオ成分が糖尿病や心臓病などのリスクを下げる
期待があるという生活習慣病予防に関する研究です。

 

 

オランダの研究では、チョコやココアを食べている人は、
そうでない人に比べて、血圧が低めで、心血管疾患による死亡率が
低いと言います。

さらに、
米国心臓学会の発表。
チョコレートが血栓予防に有効であることも示唆されているんですね。

 

 

チョコレートのカカオは、ダイエット効果の他にも、
糖尿病予防、心臓病予防、高血圧の抑制、血栓予防などにも
効果がありそうですね。

 

 

カロリーを摂り過ぎないように、食事前などに1日ひとかけら、
約50gを食べるのが、健康効果を期待できそうですね。

 

 

私はちょっと、食べ過ぎていたようですね。
仕事の合間に、よくかじっています。

今日も既に食べています。

栄養は、毎日バランスよく食事から。
バランスのとれた食事と適度の運動、ストレスを溜めないように。

 

そして、毎日、健康で、元気に。
生活習慣病予防改善は、毎日の食材から。

 

2007年1月20日 日本経済新聞参照