商品名 フルーツと野菜でガンを予防する!
カテゴリ がん予防と改善

平成25年(平成13年調査)の日本人の死因

1位 ガン
2位 心疾患
3位 肺炎

新たにガンと診断された人は年間60万人。
3人に1人が、ガンで死亡。

がんの要因は、
○食生活 30%
○禁煙 30%
○その他 40%
(運動不足、遺伝、ウイルス、環境汚染)

DNA細胞を壊す発ガン物質
ウイルス、ピロリ菌、悪玉菌、高脂質、活性酸素、タバコ、排気ガスなどの有害物質などです。
DNAの損傷はたえず受けていますが、正常の細胞は修復する機能が備わっています。

ガンの要因に常に晒されています。
ガンにならない体にするために。

そこで、食生活に注目。
野菜・果物の栄養成分は、ガン予防に有効なものが多いといいます。

ガン予防のための野菜・果物の3つの働きは、修復、抗酸化、解毒です。

活性酸素を撃退する、抗酸化力を持つ成分
βーカロテン、ポリフェノール、ビタミンC、リコピンなどをもつ野菜・果物から摂取すること。

○DNAを傷つける有害物質害から身を守るため、解毒の機能を活性化します。
アブラナ科の野菜に含まれる、ねぎの硫黄化合物。

○傷ついたDNAを修復したり、細胞のガン化を抑制。
修復をサポートしたり、ガンの目を出さないようにサポートするのは、葉酸、ビタミンD、テルペン類。

野菜や果物を積極的に摂取するアメリカの習慣は、ガンの減少に貢献していると言います。

ガン予防には1日350gの野菜と1日200gの果物を摂取しましょう。

果物の摂取量の目安として、リンゴ1日1個で200g
ミカンなら、1日2個だそうです。
野菜は、調理後の量だといいます。

 

野菜・果物を上手にとって、ガン予防をしましょうね。

栄養は、毎日バランスよく食事から。

 

バランスのとれた食事と適度の運動、
ストレスを溜めないように
そして、毎日、健康で、元気に。
生活習慣病予防改善は、毎日の食材から。

2007年1月14日 あるある大辞典 テレビ参照