商品名 シシャモ、ワカサギ+かんきつ類でカルシウムの吸収を高めてガン予防!
カテゴリ がん予防と改善

○カルシウムを多く摂っている人は、そうでない人に比べて、
大腸がんに40%もなりにくいと言います。

(40,000人の女性に過去約8年の追跡調査より)

 

カルシウムをとると、体脂肪を減らし、ガンになりにくくし、
そして、カルシウムはマクロファジーを働かせます。

 

マクロファジーとは、ガンなどの悪い細胞が来たときに、
判断して、いろんな免疫細胞に情報を送ります。
カルシウムがないと、マクロファジーは働きません。

 

さらに、大腸ガンになった人は、カルシウムと魚類に多い
ビタミンDの摂取量が、少なかったと言います。

(10年間の調査・米国ハーバード大学)

 

 

ビタミンDはガンの細胞が増殖するのを防ぎます。
さらに、カルシウムが細胞に沈着するのを防ぎます。
カルシウムとビタミンDの組合せはすごくいいんですね。

 

 

魚類のカルシウムの吸収を高めるには、
「魚類+かんきつ類」

 

番組おすすめ料理は、

ししゃもの煮付け、ワカサギの天ぷら。
スダチ、カボス、ユズ、レモンなどをお魚にかけて食べます。

 

a0960_002328

かんきつ類をお魚にかけて食べると、カルシウムの吸収率を
約38倍に高めると言います。

 

 

かんきつ類は皮も使ったほうが、ヘスペリジンというフラボノイドが
含まれていて、これもカルシウムの吸収を高めます。

 

 

今回は、ガンの予防効果を高めるカルシウムレシピーでした。

 

シシャモの煮付けにかんきつ類をかけると、
シシャモ3匹で1日のカルシウムの摂取量をカバーするんですね。
カルシウムを上手に摂ってガン予防。
ですね。

 

栄養は、毎日バランスよく食事から。
バランスのとれた食事と適度の運動、ストレスを溜めないように。

そして、毎日、健康で、元気に。
生活習慣病予防改善は、毎日の食材から。

 

講師 東医食事研究会会長
薬学博士 田村 哲彦先生

2007年 1月24日 おもいッきりテレビ参照