商品名 焼きミカンは肝硬変になるリスクを下げる!
カテゴリ がん予防と改善,糖尿病予防,肝機能を高める

焼きミカンは知らなかったなあ。
ミカンに多く含まれるβ-クリプトキサンチンには、がん、糖尿病を始めとする、生活習慣病を予防する働きがあると言います。
(2007年1月 大規模な疫学調査より)
ミカンを冬に多く食べる人は、夏でも、β-クリプトキサンチンの血中濃度が高いんですって。
ミカンをよく食べる人は、(1日2個~3個)は、β-クリプトキサンチンの血中濃度が高く、肝硬変になるリスクが極めて低いと言います。

伊達先生おすすめのミカンの食べ方は、
「焼きミカン」でした。

 

ミカンの皮にβ-クリプトキサンチンが多く含まれると言います。
黄色く濃い色が、β-クリプトキサンチンですって。
また、ミカンを焼くことで、香りがでてリラックス効果もあると言います。
精神安定のリモネンなどの香り成分がミカンに含まれているんですね。
焼きミカンの作り方・・・・・・・

1 ミカンを40~50度のお湯に1分間つけた後、
ミカンの表面のワックスを布でふき取ります。

2 ガスコンロに焼き網を乗せて焦げ目がつくまで
まんべんなく焼きます。

3 焦げ目がついたら、火を止めて暖かいうちに
皮ごと食べるんですって。
ミカンは熱いので、焼けどには注意しましょう。
この食べ方は、好き、嫌いが、分かれるので
無理して食べないことですって。

 

ミカンは、杉山温州みかんが甘くておいしいく頂けます。
また、熟したミカンには、β-クリプトキサンチンが多いと言います。
焼きミカンは、皮ごと食べるので、食べすぎには注意。
1日1個まで、ですって。

温州ミカンのジャムでもいいみたいですね。

今度トライしてみますね。

伊達先生もむかし太っていて、いろんなダイエットに取り組んだと言います。
甘いものすべてを、食べないようにし、ミカンなどは避けていたと言います。
しかし、改善が見られなかったんですって。
今は、ミカンを毎日たべて、大変素敵なスタイル。
伊達先生みたいに、しっかり、食べてきれいなスタイルで、いたいですね。
適切に栄養を摂ることが、肥満予防・改善であり、
生活習慣病予防につながるんですね。
栄養は、毎日バランスよく食事から。
バランスのとれた食事と適度の運動で、
ストレスを溜めないように。
そして、毎日、健康で、元気に。
生活習慣病予防改善は、毎日の食材から。

 

 

恵比寿 アンチエイジングクリニック
栄養学博士 管理栄養士 伊達友美先生

2007年2月5日 おもいッきりテレビ参照