商品名 イチゴ大福でがん予防!
カテゴリ がん予防と改善

イチゴジャムとガン予防の関係

甘い関係。
イチゴの産地栃木県の方はがん死亡率が低かったと言います。(厚生労働省)

 

 

疫学調査で、イチゴを継続的に食べると、がんの予防に有効だと発表。
がん細胞の抑制効果を高めるには、イチゴに熱を加えて「イチゴジャム」にするといいんですって。
加熱して摂取するとがん予防成分の働きが、最大4倍にも増強すると言います。
がん化する細胞の活性酸素を抑える効果は、野菜や果物の抗酸力にあるんですね。
イチゴのがん予防効果を高めるにはイチゴの植物繊維成分。
ペクチンを生かすといいと言います。
そして、さらにガン予防効果を高めるには、
イチゴ+豆類+穀類だと、農学博士 高野克己先生は言います。

 
おもいッきりテレビおすすめレシピーは、
1.「イチゴ大福の天ぷら」
2.「イチゴと豆のリゾット」
3.「パン・ジャム・豆乳」

 

3番目がスタンダードでしょうか?
「イチゴ大福の天ぷら」もおいしそう。
ちょっと、違和感があるかもね。
「イチゴと豆のリゾット」もなかなかおしゃれですね。

 

 

私の住んでいる曙橋は、「いちご大福」発祥の地と言われています。
初めていちご大福を食べたのはもう30年近く前。
衝撃的な味でした。

 

イチゴとあんこがこんなに合うとは思ってもいませんでした。

 

 

栄養は、毎日バランスよく食事から。
バランスのとれた食事と適度の運動。
ストレスを溜めないように。
そして、毎日、健康で、元気に。
生活習慣病予防改善は、毎日の食材から。

講師:東京農学大学教授
農学博士 高野克己先生

07.3.2 おもいッきりテレビ 参照