商品名 脳障害予防は、まずシンプルに高血圧対策と脱水症状対策から
カテゴリ 脳卒中・脳梗塞

私もとうとう来た高血圧。
これは洒落になりませんでした。
ある日、いつものラーメンを食べるとメッチャ具合が悪い。

とにかく辛い。
何でかなと一週間ほど思っていたのです。
食べると調子が悪いで、この私が小食になってしまいました。

ある日気がついて血圧をはかってみたら下が100突破!
いつものなら80ですよ。
上が180。
コリャ具合悪くなると思いました。

脳障害は、日本人の死因の三番目で、入院原因のトップなんですって。
脳障害を予防するには、高血圧対策!
血圧が高いと、細い血管が破れ、脳出血を起こしやすく。

命を取り留めても、後遺症で大きな負担を抱えます。
食生活の欧米化や高齢化により、2020年には現在より15万人多い280万人になる見込み。

脳障害は、血管が詰まって神経細胞が死ぬ「脳梗塞」
血管が破れて出血する「脳出血」と「くも膜下出血」
治療法が発達し、早期治療すれば命は助かりますが、
後遺症が厄介ですよね。

手足の麻痺、言語障害など、生活が不自由になります。
なにより、脳障害予防ですね。

高血圧になると、血管の内壁が傷つけられやすく、
脳梗塞の原因となる、動脈硬化が早まると言います。

細い血管の壁が、高血圧のため厚く狭くなって詰まったり、
心臓の病気(心房細胞)などで、出来た血栓が脳で血管を
詰まらせたりします。

絶対必要な高血圧予防ですね。
高血圧を解消するには、塩分を減らすこと。
醤油、漬物を控えること。
味噌汁やラーメンの汁は飲み干さないこと。

塩や醤油の代わりに、レモンや酢、だしを利用して、
1日あたりの塩分摂取量を1~2g減らすことだと言います。

高血圧症の人は上の血圧を140、下の血圧を90未満にすることを
目標にしましょう。

3~5年かけて下の血圧を5~6下げると、脳卒中の発症率を
42%減少するという研究報告もあるんですって。

また、高血糖、高コレステロールも脳卒中リスクを高くします。
内臓脂肪が増えるのは良くないんですね。
肥満は大敵!

運動を習慣づけることも大切なんですね。
1日30分ぐらいを目安で、ちょっと汗ばむぐらいのウオーキングも
良いんですって。

脳梗塞は、男性が女性に比べ1.4倍ですが、
最近は、閉経後の女性に増える傾向があると言います。
コレステロールを下げていた女性ホルモンの分泌が減るためだと言います。

自治体検診などで、定期的に血圧、血糖値、コレステロール値を
チエックすることも予防に繋がると言います。

秋から冬にかけて、気をつけたいのが「風邪」。
病原体を退治する白血球などが増えて、血管をつまりやすくしたり、
発汗や、下痢などで体内の水分が少なくなり、脱水症状になると、
脳卒中を発症しやすくなるんですって。

そこで、ミカンなどの果物や野菜などのビタミンCを多く含む食材を
摂って、風邪を引かないようにしましょう。
引いたら、安静にして早めに治しましょうね。

また、高齢者はノドの渇きを感じにくくなるため、
寝る前や、朝起きた時に、コップ一杯の水を飲むのを習慣づけたら
良いと言います。

脳卒中の予防は、まず高血圧対策からですね。
塩分を控えめに。
醤油が好きな人は減塩醤油か醤油スプレーという容器がオススメです。
そして、軽い運動からですね。

栄養は、毎日バランスよく食事から。
バランスのとれた食事と適度の運動、ストレスを溜めないように。