商品名 赤血球の血栓を防ぐ「醤油」 脂質の摂りすぎをカット!
カテゴリ 脳卒中・脳梗塞

脂質の取りすぎからできる赤血球の血栓予防・改善。

血液の固まり「血栓」。
これが原因で起こる脳梗塞・心筋梗塞。
私は脂質も糖質も多い気がするので気をつけねば。

 

 

気温が低下すると血管が縮まり血栓が
できやすく、つまりやすくなるので注意なんですね。

 

 

冬やお風呂場の気温の差が激しいのも気をつけないとですね。

脂質を過剰にとると出来やすくなる赤血球の血栓。
この赤血球の血栓を防ぐには大豆食品が効果的。

 

 

おもいッきりテレビおすすめは、日本伝統の食材「醤油」。

醤油のメラノイジンの香りのフラノン、ゲンステインの
相乗効果で赤血球の変形を強めて血流を良くすると言います。

 

 

毛細血管の細いところを、赤血球は形を変形して
通りやすくするといいます。
「醤油」は血栓を防いで、血液サラサラ効果、抜群
なんですね。

 

 

脂質を取るとできる赤血球の血栓を防ぐには、「醤油」
「醤油」は加熱調理に使うとさらに効果的なんですって。
それから、体も温めると言います。

 

摂る時期は夕方。

さらに、いっしょに摂ると良い 飲み物は、ビールなんですって。
中でも黒ビール。

 

 

油をちょっと摂りすぎたなぁ~。と、いう時には、
「醤油」と「黒ビール」なんですね。

 

 

通りで私は黒ビールが好きです。
味は濃いのですがカラダがサッパリした感じがするのですね。

 

 

「醤油」は血管にこびりついた血栓を掃除するんですね。
「大豆食材」は体にとって大事なんですって。

 

夕食に「醤油料理」で、脂質の取りすぎからできる赤血球の血栓を掃除。

そして、血液サラサラですね。

血流をよくして、体もぽかぽか。  ですね

 

 

「醤油料理」で脳梗塞、心筋梗塞の原因の血栓を防ぎましょう。
脂質の取りすぎには、「醤油」&「黒ビール」ですね。

 

 

血圧の高い方は醤油の塩分には気をつけましょう!

栄養は、毎日バランスよく食事から。
バランスのとれた食事と適度の運動、ストレスを溜めないように。

 

 

そして、毎日、健康で、元気に。
生活習慣病予防改善は、毎日の食材から。

2006年9月19日 おもいッきりテレビ参照

 

 

岩手・盛岡の地ビール・クラフトビール・ドイツビール