テレビで紹介された生活習慣病を予防する健康食材とレシピを紹介する健康専門ドットコム

スポンサードリンク
ダイエットは、健康的に

自然なダイエットを目指したい
自分を見直すダイエットをしたいと思っています。

 

ダイエットをする人でたまに自分がキライという人もいます。
私の場合も変身願望でダイエットをしていました。
もう少し自分と仲良くなれたらと思います。

 

スポンサードリンク

ダイエット記事一覧

ウナギには魚肉成分効果がたくさん詰っています。ウナギに多いビタミンB群(B1、B2)は高血糖抑制作用があると言います。まさに糖尿病予防ですね。そして、 ウナギに多いDHA・EPAは短期間で血中の脂肪を 低下させる作用があることが判明。           (女子栄養大学教授 鈴木平光先生)この2つの作用、高血糖抑制効果と血中の脂肪低下作用の相乗効果で メタボリックシンドロームを強力に予防すると言い...

笑うこと、笑顔にはどんな効果があるのでしょうか?笑顔のすてきな人、笑っている人たちを見ていると、こちらまで、心が和み、うれしくなってきます。実は「笑う」ことは、血液をさらさらにしたり、病気を治したりする効果があると言います。ガンにも効果が期待されていると言います。笑いと免疫機能の関係は、各国で研究がなされ、効果も明らかにされてきています。「笑い」は、がん細胞や細菌に感染した細胞を、死滅させ、つねに...

「ご飯をしっかり食べているのに、夕方「小腹」が空きませんか?そして間食を食べます。小腹が空かなければ間食を取りませんね。どのようにして「小腹」空いてくると思います。食べたものは、胃で消化され腸へ。腸で食べ物をブドウ糖に分解。そして血中へ。この血中のブドウ糖の量が、「血糖値」。この血糖値の量によって、脳が満腹感や空腹感を伝達。 血糖値は、食事をとるとどんどん上昇し、満腹感が発生。反対に少しづつ消費さ...

すごい情報 !実は食べても太らないためのポイント。○間食で太らないタイミング・・・。食べても太らないタイミングとは?間食を摂るベストなタイミング、時間なんですって。どんなタイミングでとっているかで、太り方が大きく違うんですって。実は、おやつを食べても、太りにくいベストタイミング。例えば小腹が空いたらスグ?空腹を我慢できなくなったら食べる?それとも間食せず、夕食まで我慢してから食べる?空腹を我慢すれ...

お酒を飲んだ後のラーメン。すごく食べたくなりますよね。そんな、寝る間近にとった脂質は、寝ている間に血中にどんどん溢れ出し、脂肪となって体に溜め込みます。学会で発表された新情報!なんと、食後の脂肪化を抑えてくれる食材が、あったのです。そう、レモンでした。すっぱいレモンにすごい力が。「レモン特有の『エリオシトリン』というポリフェノールが、腸での脂肪の吸収を抑制。」『エリオシトリン』とは、レモンやライム...

カブは調理法によって、組み合わせる食材によって、健康効果がかわるといいます。今日は、大腸がん予防と肥満予防に効果的なカブの摂りかたを紹介します。カブの根に含まれる葉酸。(カブの葉のしたの丸いところが根です)この葉酸は、心臓にもいいし注目の成分ね。そしてこの葉酸は、大腸がん予防にもいいと言います。さらに、大腸がん予防の効果を高めるには、ゆでたカブにハチミツを加えるということです。その食材は、ハチミツ...

スキムミルク入り 「ブロッコリースプラウトときくらげのサラダカルシウムの摂取量が多い人ほど体脂肪量が少なくなる!肥満で悩む男女18人を2週間追跡調査。体重平均-5.7kg ウエスト-2.7cm                  (米国、テネシー州立大学)反対にカルシウムが不足すると脂肪細胞が増えると言います。肥満が進むんですね。カルシウムが充分足りていると、脂肪細胞を抑え肥満予防ですって。そこで、...

メタボリックシンドロームになると死亡率が高くなると言います。全死亡、心血管疾患死亡、脳卒中で年間30万人が死亡。ですって。メタボリックシンドロームを招く死の危機を高める原因の体内の脂肪、中性脂肪・内臓脂肪・コレステロールを食事で予防改善しましょう。おもいッきり 最新情報!まずは中性脂肪を予防改善!大根には中性脂肪を低下させ、体脂肪の蓄積を抑制する作用があることを確認                ...

キムチはたくさんの野菜と健康効果の高い食材を取り入れ醗酵。究極の栄養食材がぎっしり詰っていると言います。乳酸菌、辛味、旨み、香り成分の相乗効果で、体調不良、不快症状を強力に予防改善。キムチの栄養効果で生活習慣病や大病の根を絶ちたいですね。そして、キムチに含まれる成分カプサイシンを効率良く吸収して脂肪燃焼効果を高め肥満予防・改善を。韓国ではキムチと一緒にある調味料を一緒に使った料理をたくさん食べてい...

食物繊維は、ミカンに豊富に含まれています。食物繊維ペクチンは、糖の吸収を抑え肥満を予防する効果があるといいます。ミカンの肥満予防効果を活かすには、食事の前に大き目のミカンかを1個食べること。栄養学博士 管理栄養士 伊達友美先生は言います。ふくろ、すじもいっしょに、よく噛んで食べるとこだと。食べる時間は、朝食の前です。伊達先生いわく、「朝一ミカン」ですって。朝は、体の中のよからぬものの浄化の時間。排...

ビタミンCは寒さによるストレスで、摂取量の半分が失われると言います。そして、風邪を引いたり、皮膚が弱ったりガンの目を招きやすくなります。しかし、吸収しにくいビタミンC、壊れやすいビタミンC排出されやすいビタミンCです。ビタミンCは1日100mg必要とされます。リンゴだと14個分、みかんは4個分、ジャガイモはレンジで2個分、イチゴは7個分、キャベツは葉5枚分、ほうれん草は茹でて2束。けっこう、多いで...

乳製品とクラフトオリゴ糖(ゴボウ、タマネギ、バナナ)をいっしょにとって、体脂肪蓄積予防・減少。冬はカルシウムが骨から溶け出して排出されやすいと言います。1日600gカルシウムが必要。摂取できないと、骨の貯蔵庫から1日600gのカルシウムが流出。栄養素として、吸収しづらいカルシウム。食材からピンポイントに吸収したいですね。今回は、カルシウムで肥満予防・改善効果です。カルシウムを摂取すると、体脂肪の合...

肥満者にご飯を1日3度摂らせた結果3ヶ月で 内臓脂肪が16%減少。 (順天堂大学)さらに太った人は、標準体重の人に比べて普段、ご飯を食べている量が少ないことが判明。                   (浦添総合病院)内臓脂肪の多い人こそ、毎食茶碗1杯以上のご飯を食べること。ご飯より、麺類のほうがカロリーが多いんですね。ご飯は、毎日3〜4杯しっかり取りましょう。炭水化物は、脂肪を燃やす、新聞紙のよ...

敬遠しがちな脂肪分ですが、脂肪分は毎食欠かさず、適度にとること。(食用油、肉や魚の脂質、乳脂質など)牛乳やチーズは1日一回以上摂取すると、肥満予防効果が。              (スウェーデン・カロリンスカ研究所)1日の目安は、食用油約10g。牛乳なら、200cc 程度。ラットのえさに牛乳の脂肪成分、共役リノール酸を入れると入れなかった時と比べて、2週間で2/3脂肪量が減少したと言います。ただ...

肥満者にご飯を1日3度摂らせた結果3ヶ月で内臓脂肪が16%減少。                   (順天堂大学)さらに太った人は、標準体重の人に比べて普段、ご飯を食べている量が少ないことが判明。                   (浦添総合病院)内臓脂肪の多い人こそ、毎食茶碗1杯以上のご飯を食べること。ご飯より、麺類のほうがカロリーが多いんですね。ご飯は、毎日3〜4杯しっかり取りましょう。炭...

メタボリックシンドロームとは・・・。内臓脂肪肥満型に加え、腹囲、女性-90センチ以上、男性85センチ以上で、高血糖、高血圧、高脂血症のいづれか2つ以上がともなう状態。          (メタボリック診断基準検討委員会)命にかかわる大病の危険性が高まると言います。 タボリックシンドロームの予備軍である可能性が高い!    腹囲が身長の半分以上のひとは、アデポネクチンの量が下がると言います。正常脂肪...

メタボリック症候群とは・・・。内臓脂肪肥満型に加え、腹囲、女性-90センチ以上、男性85センチ以上で、高血糖、高血圧、高脂血症のいづれか2つ以上がともなう状態。          (メタボリック診断基準検討委員会)命にかかわる大病の危険性が高まると言います。正常脂肪細胞は、善玉物質「アデポネクチン」を分泌し、代謝を正常化し、動脈硬化を予防。さらに健康増進。この「アデポネクチン」は正義の味方のホルモ...

【高血圧予防、心血管疾患予防、血栓予防、肌の保湿力アップ】チョコレートに実際ダイエット効果はあるのだろうか?2005年のイタリアの研究では、カカオ50%のチョコレートを食べるグループとホワイトチョコレートを食べるグループを15日間比べたところ、カカオ50%のグループではインスリン感受性が改善。この数値が改善されると言うことは、脂肪細胞に脂肪を溜めにくく、太りにくい体に。カカオのポリフェノールは、脂...

健康効果がケーキにはぎっしり! なんですって。ケーキの材料には、卵、砂糖、果物などが使われます。脳の活性効果の即効性、強力な美肌効果、免疫力効果が期待されると言います。まずは、ケーキをおいしく食べて太らない方法です。ケーキを食べる時にあるものを飲みます。なんでしょうか?栄養学博士 管理栄養士 伊達友美先生おすすめは、「抹茶豆乳」でした。抹茶ミルクは、こちら抹茶のカテキンには糖や脂肪の吸収を抑制する...

☆便をおなかにため込むと肌荒れ、肥満の原因にも  06.1月「快便は健康のもと」毎日、気持ちよく便をすることは、健康であるための必須条件。よい便が規則的に出ると、病気にもかかりにくい。元気でピカピカの腸を作るためにも重要です。まずは、食事をしっかり取ること。栄養バランスのよい一日三度の食事を規則正しく食べれば、毎日決まった時間に排便ができるといいます。忙しいから、食事を抜いたり、めんどうだから同じ...

味噌汁を取り入れた、食事療法でヤセるんですって。マドンナ、トムクルーズ、ハリウッドスターたちや、クリントン前大統領まで、はまっているといいます。毎朝300ccの味噌汁を一杯飲むだけ。えっ。ただこれだけ。  ・・ヤセる。アメリカ人が食生活を変えただけで、20キロもヤセたといいます。一年で20kg減。10ヶ月で22キロヤセた人も・・・・・・。今回のあるあるは、緊急企画!衝撃!味噌汁でヤセる? を特集。...

日本肥満学会最新情報!運動しなくても内臓脂肪を落とす、メタボリック症候群最新予防法。溜めない!増やさない!燃やす!尿酸値を上げない!○まずは、内臓脂肪を溜めない!方法。 「緑黄野菜を摂る」でした。○脂肪細胞を増やさない!方法は。 「なすのぬか漬けを摂る」。なすのぬか漬けに多く含まれる「スーパービタミンE」(トコトリエノール)は、メタボリック症候群の原因である 脂肪細胞の増殖を強力に抑えることが判明...

【血液サラサラ効果、動脈硬化、胃腸の健康、肌荒れ、冷え性、風邪予防】昼に「みかん・レンコンジュース」をとって、ビタミンCを上手に摂取。みかんには、毛細血管をサラサラにするビタミンP・Cはもちろん、植物繊維が豊富。ビタミンPは、みかんの袋の外側の白い部分に多く含まれいます。この成分は、余分なコレステロールを吸収して、体外に排出する作用があるといいます。みかんのこの白い部分、取り除かないように要注意で...

【小腸をきれいにして、がん予防、肥満改善】どんなダイエット方法をためしても、何をやっても、何一つ効果がないということはありませんか?小腸で食べ物の栄養素が吸収されますよね。しかし、大気中のダイオキシン、食べ物についたダイオキシン。排気ガス、タバコに含まれる毒素などが、大気中から、小腸にヘドロとなって蓄積。ヘドロがたまると、やせる効果の栄養素をいくら摂っても吸収されず排泄。そして、ビタミンやミネラル...

☆大豆レシチンは、血管の掃除・肥満予防 06.3.29大豆イソフラボンは、心筋梗塞予防・がん予防・骨強化大豆サポニンは、脳疾患・肌荒れ・白内障予防豆腐にいろんな栄養成分が凝縮されています。○良質なタンパク質 ○リノール酸     ○ビタミンE      ○鉄          ○カリウム       ○オリゴ糖○大豆ペプチド○ビタミンB群○ビタミンK○カルシウム○植物繊維なんと春先に必要な成分が豆...

アメリカで話題のお肌がきれいになる、スーパー食材!それは、日本の食材でした。その食材とはキノコ。そのキノコは、欧米にあるマッシュルームよりもはるかに、日本のキノコに豊富。さて、アメリカで大注目のお肌をキレイにするキノコとは、A.しめじB.マイタケC.シイタケそう・・・・・。答えはシイタケ。シイタケに含まれる注目の成分「エルゴチオネイン」。この「エルゴチオネイン」は、ビタミンEの7000倍の抗酸化作...

ウドに肥満予防効果が・・・・。そして、下ごしらえにポイントがあるといいます。ウドの成分ヘルセチン。あまり聞かない名前ですね。このヘルセチンは、中性脂肪や、悪玉コレステロールが体内の細部に入れないように阻害します。そして下ごしらえのポイントとは、砂糖水で、あく抜き。そして、料理は、てんぷらにして摂るといいと言います。ヘルセチンは、油と組み合わせると、2倍に増えるんですね。そういえば、最近てんぷら食べ...

玄米にすごい効果が。なんと、1年で10キロ減?すごいダイエット効果!もあるんですって。そして、こんな効果も。○血糖値を下げる効果○中性脂肪を抑制し、内臓脂肪を改善。○美肌効果玄米にはたくさんの栄養素が含まれているんですね。ところが、まずいとなかなか食が進まない玄米。こんなにたくさんの効果があるのに、そこで玄米をおいしく食べる方法を、発掘。炊飯器で白米モードで炊く時は、2時間つけ置く。 (玄米モード...

沖縄県の人は長寿だといいますね。その理由のひとつ。昆布などの海藻類の摂取量が他の県の人の役1.5倍あるといいます。それが、脳卒中、心臓病を防いでいるためではいかと。昆布やワカメがヌルヌルするのは、アルギン酸という、水溶性の植物繊維によるもの。このアルギン酸は、血圧やコレステロールの低下作用があるといいます。適量は1日に乾燥した海草を5gぐらい。味噌汁などで、毎日摂りたいものですね。海草で、血圧低下...

ハマグリの血圧を下げる効果も見逃せません。ハマグリのタウリンは、脂肪を減らす胆汁酸の排出を促進。体内のコレステロールを消去する働きを。焼きハマグリに、新健康効果として、ハマグリが焼けて口が開いたら、味噌を塗るんですって。味噌の成分とハマグリの成分の組み合わせが、脂肪を減らす効果を引き上げるといいます。そして、潤いの肌には、蒸しハマグリです。ハマグリのレモン漬け。とても美味しそうでした。ハマグリの成...

春には肝臓のリズムが乱れ、働きが低下するといいます。そして、なんと、脂肪肝、肝炎、肝硬変を引き起こすことも・・・・。春先は、胃腸障害の原因にも・・・・。そこで、肝臓の代謝のリズムを整えることですね。肝臓のコレステロールや中性脂肪の合成を抑制したり、分解したり、燃焼させて高脂血症や脂肪肝などの内臓肥満を予防、改善!ポイントは、夕食の栄養素の摂り方を工夫することです。そうすることは、コレステロールを溜...

ハム、ソーセージ、ベーコンは、豚肉を超える栄養のある食材肥満予防、老化予防、高血圧、糖尿病、がんの予防にも、効果があるといいます。体の元となるアミノ酸やペプチドが、ロースハムには豊富に含まれています。薄いロースハム。1ミリぐらいに輪切りにしたロースハム。アミノ酸の含有量が、豚肉のロース70gと同じ含有量ですって。そして、ロースハムは、ポークペプチドが豊富。血栓を防ぎ、脳卒中や心筋梗塞も予防。この健...

植物の生命の酵素を壊さない食事法。食材の酵素が最も活性化する温度は40℃〜50℃ですって。この酵素が代謝を活性化して、肥満を防ぐ。と言います。その食材とは、イモ類。やせたかったら、イモ類ですって。なんか、えっ。っていう感じですよね。サトイモ、サツマイモ、ジャガイモなどですよ。中でも最も効果的な食材が、ジャガイモ。調理方法は、ジャガイモを細かく切る。そして、弱加熱。この弱加熱が酵素を活性化させるんで...

内臓脂肪(メタリックシンドローム)が40〜74才の中高年世代に男性が2人に1人、女性が5人に1人に。内臓脂肪症候群か予備郡に該当するといいます。                           2006年厚生労働省調べ。この内臓脂肪症候群は、脳卒中や心筋梗塞など重大な病気を引き起こします。内臓のまわりに、脂肪がホワグラのように付くんですね。しかし、内臓脂肪の発症リスクは、マグネシウムを摂ってい...

コーヒーのカフェインには、交感神経を高めて肥満を予防する効果があるといいます。コーヒーのカフェイン。これが脂肪を燃焼させるんですね。コーヒーのカフェインと一緒に摂ると、さらに効果があがる栄養素は、アルギニン。アルギニンとカフェイン。これを一緒に摂ると、体脂肪の減少効果が高まるんですね。アルギニンを含む食材は、ゴマ、大豆、ナッツ類、ゼラチン、豚肉、マグロ、カツオもっとも効果のある食材はゼラチン。そこ...

韓国の女子大生は、日本の女子大生に比べ摂取カロリーが多いといいます。しかし、体脂肪は、特に内臓脂肪量が少なかった。                           (九州大学)キムチには、内臓脂肪や、血中脂肪を燃焼させる効果が高いんですって。また、キムチの辛味成分は、血液凝固を抑制。心筋梗塞や、脳梗塞の予防にも効果を発揮。そして、今話題のメタボリック・シンドローム(内臓脂肪症候群)を防ぐと言い...

糖尿病のラットで実験。梅を食べさせたラットと食べさせないラットを比べると、ラットの血液中の中性脂肪が、2週間で半分以下に低下。糖尿病、高脂血症予防には梅。3度の食事の前には、梅。よく砕いた梅を緑茶に入れて飲むと効果的なんですって。食前に摂る梅は、脳を刺激して満腹感を与えてくれます。ダイエットにも最高ですね。さらに、血中の中性脂肪やコレステロールも代謝。また、梅に含まれているクエン酸。究極の疲労回復...

手のひら一杯分のアーモンド、約20〜23粒。これを、1日一回食べると、悪玉コレステロール値が下がり、糖尿病やガンの予防という研究データーも。アーモンドに、ダイエット効果や生活習慣病予防効果!アーモンドに含まれる植物繊維や植物ステロール。これが、食事で摂った脂肪を排出する働きもあるという研究結果が。アーモンドは満腹感が続きます。食前に食べると、食べすぎを防御。また、 アーモンドに含まれる植物繊維は、...

かつては、薬として、使われていたというタマネギ。古代エジプトでは、ピラミット労働者の強壮剤として。日本では、江戸時代から、コレラ予防に効くと言われ、薬として栽培。そして、現代の医療の現場でもさまざまの治療効果を上げるのにタマネギが利用されているといいます。そこで、今回は、タマネギで肥満予防!タマネギには、脂肪燃焼促進と、脂肪蓄積防止のダブル効果があり、皮下脂肪だけでなく、内臓脂肪、血中脂肪まで減少...

柿を乾燥させると、糖と吸着しやすくなります。体内に入ると、さらに作用が、あると言いますす。柿の皮の部分に含まれるオクタコサノールという成分は、エネルギーに変える効果・・・・・・。オクタコサノールとはアメリカジョージア大學で、新しく発見された成分なんですね 。紅茶に柿砂糖を入れると、上品な味わい。煮物に使ってもグット!ですって。○2週間で中性脂肪が30%減少!○運動耐久時間を84%アップ! 長時間の...

健康増進、肥満改善効果で、黒色食材がブーム。寒くなる、これからの季節。生活習慣病予防にすぐれた効果を発揮する黒豆、黒ゴマ。黒豆の成分、シアニジンは、内臓の脂肪の蓄積を抑え、さらに燃やす効果がすぐれていることが判明。              2006年日本栄養食糧学会黒豆は、内臓脂肪を減らす効果と内臓脂肪を燃やし、コレステロールの吸収を抑え排出促進効果が期待!生活習慣病を防ぐ黒豆。内臓脂肪を減らす...

高脂肪食を食べる時に、リンゴを食べると、腸は脂肪の吸収を抑制し血中の中性脂肪の上昇を抑えることが判ったといいます。                     2006年 5月これは、リンゴ酸が脂肪を燃やし、リンゴポリフェノールが脂肪の吸収を抑えるからですって。そこで、おもいッきりテレビおすすめ「リンゴの酢漬」リンゴを酢に漬けるとリンゴの成分が中性脂肪制御・肥満予防効果が高めます。さらに効果を高めるに...

ナッツといえば脂肪が多く、カロリーが高いと思われがち。ところが、「ダイエットに役立つ」といういうことで最近注目されているといいます。アモーンドに含まれているオレイン酸。悪玉コレステロールを減らす効果があるんですって。アーモンドの効果はダイエット効果だけにとどまりません。糖尿病、心臓病、結腸がん、直腸がんなどの予防にも有効。という報告も。忙しくて規則正しい食事が出来ないときは、 積極的にアーモンドを...

日本肥満学会最新情報!運動しなくても内臓脂肪を落とす、メタボリック症候群最新予防法。溜めない!増やさない!燃やす!尿酸値を上げない!尿酸値を上げない!ですね。○まずは、内臓脂肪を溜めない!方法。 「緑黄野菜を摂る」○脂肪細胞を増やさない!方法。 「なすのぬか漬けを摂る」○脂肪細胞を燃やす!方法。 「イクラを摂る」○尿酸値を上げない! 「水を多めにとる」日本肥満学会最新情報!メタボリック症候群の原因...

日本肥満学会最新情報!運動しなくても内臓脂肪を落とす、メタボリック症候群最新予防法。溜めない!増やさない!燃やす!尿酸値を上げない!○まずは、内臓脂肪を溜めない!方法。  「緑黄野菜を摂る」でした。 緑黄色野菜のよく食べられる代表選手はこちら!↓↓あさつき アスパラガスさやいんげんさやえんどうおかひじき  オクラかぼちゃ類(日本かぼちゃ、西洋かぼちゃ)  からしなきょうなクレソンこごみ  こまつな...

日本肥満学会最新情報!運動しなくても内臓脂肪を落とす、メタボリック症候群最新予防法。溜めない!増やさない!燃やす!尿酸値を上げない!○まずは、内臓脂肪を溜めない!方法。 「緑黄野菜を摂る」でした。○脂肪細胞を増やさない!方法は。 「なすのぬか漬けを摂る」でした。○脂肪細胞を燃やす!方法は。 「イクラを摂る」魚などに含まれる、EPAは運動せずに脂肪を燃やし、血糖値の上昇を抑えます。そして、メタボリッ...

黒酢のアミノ酸は、米酢の約10倍だと言います。黒酢のアミノ酸は小腸からの吸収を抑え、さらに、体にたまった脂肪も追い出すという優れもの。男性は、脂肪が内臓にたまりやすく、女性は皮下脂肪として、蓄積しやすいので要注意!そこで、嬉しいのが黒酢の効果。 >>>代々続く酢専門店はこちらをクリック!ラットの実験では、糖と脂肪のエサに黒酢を加えると、中性脂肪が約1/2に減少したと言います。恐るべき黒酢パワー。脂...

健康効果がケーキにはぎっしり! なんですって。ケーキの材料には、卵、砂糖、果物などが使われます。脳の活性効果の即効性、強力な美肌効果、免疫力効果が期待されると言います。まずは、ケーキをおいしく食べて太らない方法です。ケーキを食べる時にあるものを飲みます。なんでしょうか?栄養学博士 管理栄養士 伊達友美先生おすすめは、 「抹茶豆乳」でした。抹茶のカテキンには糖や脂肪の吸収を抑制する効果があると言いま...

【脂肪燃焼効果を高めて】キムチはたくさんの野菜と健康効果の高い食材を取り入れ醗酵。究極の栄養食材がぎっしり詰っていると言います。乳酸菌、辛味、旨み、香り成分の相乗効果で、体調不良、不快症状を強力に予防改善。キムチの栄養効果で生活習慣病や大病の根を絶ちたいですね。そして、キムチに含まれる成分カプサイシンを効率良く吸収して脂肪燃焼効果を高め肥満予防・改善を。韓国ではキムチと一緒にある調味料を一緒に使っ...