テレビで紹介された生活習慣病を予防する健康食材とレシピを紹介する健康専門ドットコム

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ガン予防と改善記事一覧

2010.11.24に毎日新聞で紹介されていた東京女子医大付属青山自然医療研究所クリニック川嶋朗所長のお話が紹介されていました。がんの発生する要因食事35%喫煙30%感染症10%と推測されている。食をめぐる最大の関心事に、多くの医療機関は対応できていないそうです。川嶋医師が研究されたのは玄米菜食を基本とする「マクロビオティック」ゲルソン療法(にんじんジュース)幕内式食事療法そのこで川嶋流「食べ方1...

○突然の下痢・便秘○ガスでお腹が張る○下腹ポッコリ○食欲がない腸の不調?この夏、こんな症状の人は要注意なんですね。単なる腸の不調ではなく、停滞腸の疑いがあると言います。水分・養分の不足で腸の運動が低下し、栄養吸収・毒素の排泄が滞り停滞腸に。肥満、生活習慣病、大腸ガンの原因に。そこで、腸を目覚めさせる生活が必要なんですね。停滞腸を改善し、肥満・生活習慣病・大腸ガンを防ぐ朝食は・・・。うどん・おかゆ・...

60〜70代に肝臓ガンは多いと言います。そして、肝臓ガンは、2010年には2005年の約1.8倍。喫煙者の肝臓ガン死亡率は、非喫煙者の約1.6倍。また、糖尿病歴のある人は、そうでない男性に比べると、2.24倍肝臓ガンになりやすく、女性は1.94倍だそうです。                      (国立ガンセンター)ガンの要因は、食事、飲酒、喫煙などで、 肝臓ガンは90%が感染ウイルスが原因。...

疫学調査で、イチゴを継続的に食べると、がんの予防に有効だと発表。さらに、イチゴの産地栃木県の方はがん死亡率が低かったと言います。             (厚生労働省)がん細胞の抑制効果を高めるには、イチゴに熱を加えて「イチゴジャム」にするといいんですって。加熱して摂取するとがん予防成分の働きが、最大4倍にも増強すると言います。がん化する細胞の活性酸素を抑える効果は、野菜や果物の抗酸力にあるんです...

水溶性食物繊維の新効果!○寒天には抗酸化力を強化し、がんの芽を摘む効果!日本癌学会発表寒天に含まれる水溶性食物繊維(アガロペクチン)には、活性酸素をつくる過剰なNOの産生を抑制。正常値レベルに維持する働きがあることが判明。                  (バイオ研究所)寒天に含まれる水溶性食物繊維は、いろんな病気予防にも役立つのではないかと、言われています。そして、寒天は、ビタミンCと一緒にと...

ミカンに多く含まれるβ-クリプトキサンチンには、がん、糖尿病を始めとする、生活習慣病を予防する働きがあると言います。        (2007年1月 大規模な疫学調査より)また、ミカンを冬に多く食べる人は、夏でも、β-クリプトキサンチンの血中濃度が高いんですって。ミカンをよく食べる人は、(1日2個〜3個)は、β-クリプトキサンチンの血中濃度が高く、肝硬変になるリスクが極めて低いと言います。伊達先生...

○カルシウムを多く摂っている人は、そうでない人に比べて、大腸がんに40%もなりにくいと言います。      (40,000人の女性に過去約8年の追跡調査より)カルシウムをとると、体脂肪を減らし、ガンになりにくくし、そして、カルシウムはマクロファジーを働かせます。マクロファジーとは、ガンなどの悪い細胞が来たときに、判断して、いろんな免疫細胞に情報を送ります。カルシウムがないと、マクロファジーは働きま...

日本人の死因1位 ガン2位 心疾患3位 脳血管疾患新たにガンと診断された人は年間60万人。3人に1人が、ガンで死亡。がんの要因は、○食生活    30%○禁煙      30%○その他    40%(運動不足、遺伝、ウイルス、環境汚染)DNA細胞を壊す発ガン物質は、ピロリ菌、ウイルス、悪玉菌、高脂質、活性酸素、タバコ、排気ガスなどの有害物質などです。DNAの損傷はたえず受けていますが、正常の細胞は...

冬の野菜は栄養分が豊富。白菜の葉1枚には、ミカン1個分のビタミンCが。さらに、カリウムも豊富。カリウムは、体内の塩分の蓄積を防ぎます。さらに、白菜に含まれるミネラル、モリブデンには、発ガン物質の毒性を消す働きがあると言います。落合先生おすすめは、「白菜のおじや」。鍋料理にして、汁までの残さず食べます。おじやにすると白菜の成分が、ご飯にしみこみます。さらに効果をアップさせるには、 グレープシールドオ...

寒くなると体が冷えて、大腸の筋肉も硬くなり、動きが鈍くなります。いわゆる便秘状態。善玉菌が減り、悪玉菌が増えます。悪玉菌は、タンパク質をエサにガスや毒素を発生。腸内は圧迫され、傷がつきやすく、憩室をを作ったり、ポリープから、大腸がんに発達したりします。ガスは血液に進入して、全身にめぐって、肌荒れ、頭痛、肩こり、免疫低下、風邪、腰痛など、冬におきやすい不快症状を。ですから、いつも大腸をきれいにしてお...

医者いらず"と呼ばれる「アロエ」父が胃ガンで亡くなったこともあり自分も健康の勉強をしながら、さらにみなさんにも元気な生活を素敵な人生を送っていただけたらと思い、日々健康になる食材を紹介していきたいと思います。そこで、今回は、みのさんの「おもいッきりテレビ」で「アロエ」の特集。夏の疲れた体に、「アロエ」のパワーが対応。アロエは暑さで傷んだ肝臓の働きを改善・修復し"医者いらず"と呼ばれます。「アロエベ...

カロテンが最も多く含まれている野菜は、ニンジンですね。ニンジンは免疫効果も多く、風邪の対策、ガンの予防、ガンの発生率も1/2〜1/3におとすといいいます。〇カロテンが不足になると目が疲れやすい 風邪をひきやすい シミ、シワが気になるそしてカロテンの摂取を効果的にあげる食べ方は。ニンジンを電子レンジで加熱。(しなびないように、ちょっと水を加えるのがポイント!)なんと、炒めたときの、2倍の吸収効果があ...

梅には、胃ガンの原因になるピロリ菌の活動を抑える成分「シリンガレシノール」が含まれていることが判ったんですね。                          (近畿大学)梅酢には、梅の天然クエン酸がたっぷり含まれています。そこで、摂取したいのが、おもいッきりテレビおすすめの梅酢の冷や汁あさっりしていて、おいしいと、ゲストさんに人気でした。・・・・・・・・・・作り方・・・・・・・・・・・・1.梅...

タマネギは、消化器の免疫を高め、食道がん、胃がん、大腸がんを予防することを証明!世界8カ国の疫学調査よりタマネギの成分が、がん細胞の増殖を防ぎ、殺菌効果があり、発がん物質を吸着し外へ出すといいます。秋のタマネギでがん予防!タマネギで、がん予防効果を引き出すには、味噌汁に入れて摂るといいんですって。タマネギをスライスした後、30分空気にさらす!ここがポイント。タマネギの中にある、がんを予防する成分を...

今回のテーマーは、がん予防ですよ。最近急増している、大腸がん。患者数が一番多い胃がん。女性に急増の乳がん。特に予防したい三大がん。2006年、9月28日から30日の癌学会が、発表する予定の研究結果をおもいッきりテレビがいち早く放映。カルシウムを多く摂っている人は、摂ってない人に比べて、 大腸がんになる危険率が40%低かったという研究結果が・・・。(第65回 2006年9月28日〜30日日本癌学会学...

今回テーマーは、乳がん予防ですよ。最近、女性に急増!おもいッきりテレビおすすめの乳がん予防食材は、「梅干し」。梅干より抽出した物質(MK615)。この物質は、乳がんの細胞に対して増殖を抑制する作用があると言います。梅干しは、1日3ヶぐらい食べるといいんですって。さらに、さらにですね。梅干の健康効果をさらに引き上げるには、EPA、DHAを含む食材、魚類と一緒に摂ると効果的だと言います。サンマ、アジ、...

さてさて、今回のテーマーは、胃がん予防。患者数が一番多いのは胃がん。がんの中でも胃がん。最近、騒がれているピロ菌。このピロリ菌が、胃がんになる危険度が5倍もあると言います。さらに、40歳以上だとピロリ菌に感染するとがんになり易いんです。ピロリ菌に感染すると胃の粘膜が無くなってくるんですって。そこで、実験。ピロリ菌に感染させたスナネズミにナタネ油を食べさせます。なんと、胃がん発生率が低いことが判明。...

【老化予防・ガン予防・肥満予防・認知症予防・高血圧予防】リンゴには健康効果が盛りだくさん。○老化予防・がん予防○中性脂肪抑制・肥満予防○記憶力向上・アルツハイマー予防○高血圧予防まずは、最初にリンゴで、老化予防・がん予防。リンゴで健康効果を高め、老化予防・がん予防には、リンゴを煮て摂るとナイスなんですって。リンゴを煮るとリンゴの成分、リンゴペプチドが、9倍に高まり、老化予防・がん予防も9倍に高まる...

「新健康効果を生かすカルシウムの摂り方」なんとカルシウムが不足すると心臓が止まってしまいますと。それほど、カルシウムは、大事なんですね。そして、同じ食材でも、摂り方によって、健康効果が引き出せなかったり、最高に活用できたりするものなんですよね。カルシウムの健康効果として1「心筋梗塞・狭心症予防」2.「糖尿病予防」3.「体内の脂肪排泄」4.「大腸がん予防」この4つの効果を取り上げています。まずは、1...

油揚げは、豆腐から作った(油揚げ用の豆腐)ものです大豆で作られたものです。油揚げは、江戸時代に生まれた素材です。油揚げのガン予防効果にはお稲荷さん。ガン予防効果を活かすには油揚げと酢飯の組み合わせが良いと言います。そして酢飯の具にはマイタケ。さらに、ひとかけらのニンニクを油揚げの煮汁に加えると、強力ながん予防効果があると言います。さらに、稲荷寿司などに使う油揚げ。ガン予防効果を活かす油抜きのポイン...

秋は身体も衣替えの時期です。この時期、身体の古くなた細胞、死んだ細胞こんな細胞を捨てて、新しい細胞をつくります。秋は、細胞も新陳代謝が活発に。肌、髪、骨、筋肉、内臓、脳、血管を若々しく健康に保つチャンス。40才過ぎから、細胞が減り始めるといいます。細胞が再生されなくなると、骨粗しょう症や、怪我をしたときに血がなかなか止まらなくなるそうです。秋は、寒さに備え、新しい細胞が活発に作られる時期。新陳代謝...