テレビで紹介された生活習慣病を予防する健康食材とレシピを紹介する健康専門ドットコム

スポンサードリンク

脳卒中・脳梗塞

脳卒中は脳の血管がつまったり、破れたりし、
その先の細胞に栄養が届かなくなって、細胞が死んでしまう病気です。
代表的なのは、脳梗塞と脳出血。

 

脳の血管が詰まるタイプの代表的なものが脳梗塞、
脳の血管が破れるタイプの代表的なものが脳出血。

 

死亡率が最も多い脳卒中

 

命を取り止めても、言語障害・運動障害・寝たきりなどの後遺症が残ります。
1度発症すると完治する人は2割以下。
脳梗塞は倒れてから3時間以内に治療すると治る薬があると言います。
早期発見、早期治療、早期リハビリが必要。

 

脳卒中・脳梗塞記事一覧

脳の血管を柔らかくするコレステロール

[脳の血管を柔らかくするコレステロール]  07.7.21夏。6〜8月に急増する脳梗塞。夏は血管が広がり血圧が下がります。汗をかいて水分が外にでると、血液がどろどろになり、血液の流れがゆっくりとなります。血液がどろどろになると、血栓ができやすく、血の塊が細い血管に詰ると、血液が行かなくなります。細い...

≫続きを読む

脳梗塞を予防する梅干しジュース

脳卒中のかなでも脳梗塞の患者数が100万人以上。なんと2分20秒に一人が発症していると言います。一度発症すると完治する人が2割以下ですって。脳梗塞は40代の4人に1人、50代の3人に1人が予備軍。そして、発症すると言語障害や寝たきりなどの重い後遺症が待ち構えているんですね。夏。6〜8月に急増する脳梗...

≫続きを読む

イチゴで脳梗塞と心筋梗塞予防

イチゴって、くだものだと思っていました。じつは、野菜だったんですね。イチゴには、ビタミンC、ポリフェノール、葉酸などが含まれています。この成分は、血管を老化から守り、悪玉コレステロールを抑制し、さらに血栓も防ぐと言います。イチゴの栄養分を生かすには、イチゴ選びからですって。イチゴのツブツブに赤みがつ...

≫続きを読む

ふろふきダイコン 【動脈硬化・脳梗塞予防】

今年の冬のダイコンは栄誉豊富。ダイコンイの植物繊維(リグニン)は動脈硬化・脳梗塞を強力に予防すると言います。ダイコンの植物繊維(リグニン)を効果的に摂るには落合先生おすすめ、「ふろふきダイコン」でした。ダイコンの切り口に、味噌のアミノ酸が接して、リグニンの量を増やすといいます。さらに、動脈硬化、脳梗...

≫続きを読む

脂質が不足すると、脳疾患の死亡に

冬は、脂質が不足がち。脂質が不足すると、脳疾患の死亡につながると言います。脂質は、お肌の保湿成分、脳の構成成分などに。湿度が低下すると、脂質が消耗し脂質が不足。脳にも影響。動物性の脂質は足りているが、植物性の脂質は不足がち。植物性の脂質を意識して取ることが大事なんですって。植物性の脂質は、なたね油、...

≫続きを読む

鮭で認知症・脳卒中予防!

鮭で認知症・脳卒中予防!06.11.26冬は活性酸素で、体がさび付きやすく。脳がさびると、認知症・脳卒中!鮭のアスタキサンチンは、活性酸素による脳の細胞死を防ぎ、認知症・脳卒中を予防すると言います。                        (東京薬科大学)脳関門を通れる成分は、なかなかないそう...

≫続きを読む

黒豆で血圧を素早く安定!! 【血液をサラサラ効果、心筋梗塞、脳卒中予防】

黒豆で血圧を素早く安定!!06.11.11【血液をサラサラ効果、心筋梗塞、脳卒中予防】黒豆に含まれているフラボノイドという成分。なんとこの成分は血圧を素早く安定させる効果があるといいます。               日本東洋学会指導員                ノザキクリニック院長      ...

≫続きを読む

ピーマンで脳梗塞、心筋梗塞の原因をカット!

さて今回は、ストレスなどでできる血栓のお話です。気温の変化などのストレスで白血球どうしがくっつき血栓ができやすくなるといいます。ストレスで、活性酸素が体内にたまります。白血球どうしがくっつき、血栓が血管内にできます。そこで、 白血球の粘着を抑え血栓を予防する食材は、「ピーマン」。ピーマンは煮て摂ると...

≫続きを読む

糖質を摂りすぎるとできる血栓を予防する「のり」

今日は、糖質の摂りすぎからできる血栓を予防する食材!を、お届けいたします。血液の固まり「血栓」。これが原因で起こる脳梗塞・心筋梗塞。気温が低下すると血管が縮まり血栓ができやすく、つまりやすくなるので注意しないといけませんん。糖質を過剰にとると出来やすくなる血小板の血栓。糖質を摂りすぎると、血小板が硬...

≫続きを読む

脂質の摂りすぎで、できる赤血球の血栓を防ぐ「醤油」

脂質の摂りすぎで、できる赤血球の血栓を防ぐ「醤油」06.9.30脂質の取りすぎからできる赤血球の血栓予防・改善。血液の固まり「血栓」。これが原因で起こる脳梗塞・心筋梗塞。気温が低下すると血管が縮まり血栓ができやすく、つまりやすくなるので注意なんですね。脂質を過剰にとると出来やすくなる赤血球の血栓。こ...

≫続きを読む

脳卒中の予防は、まず高血圧対策から

ちょっと生活習慣をかえて、脳卒中予防。脳卒中は、日本人の死因の三番目で、入院原因のトップなんですって。命を取り留めても、後遺症で大きな負担を抱えます。食生活の欧米化や高齢化により、2020年には現在より15万人多い280万人になる見込み。脳卒中は、血管が詰まって神経細胞が死ぬ「脳梗塞」血管が破れて出...

≫続きを読む

血液サラサラ効果で肥満、心筋梗塞、脳卒中を予防!

おもいッきりテレビ、秋の血液サラサラ術で、肥満、心筋梗塞、脳卒中を予防!おもいッきりテレビおすすめ、秋の血液サラサラ術、4つをまとめてみました。まずは、血液の水分不足を素早く改善するには、  濃いめの麦茶ですね。 1日3回250mlを飲むことですね。次は、血液の糖質過多を素早く改善するには  レモン...

≫続きを読む

★美味しいキウイフルーツ★

血液がドロドロになると、内臓脂肪となってお腹に蓄積するといいます。身体がデブデブ状態に。そして、血液ドロドロの悪循環で、デブドロの状態になるんですって。さらには、肥満、心筋梗塞、脳卒中をひき起します。そこで、「秋の血液サラサラ術」デブドロの血液の状態を脱出しましょう。血液の水分不足、糖質過多、中性脂...

≫続きを読む

アーモンドで、内臓脂肪予防して脳卒中、心筋梗塞予防

内臓脂肪(メタリックシンドローム)が40〜74才の中高年世代に男性が2人に1人、女性が5人に1人に。内臓脂肪症候群か予備郡に該当するといいます。                  2006年厚生労働省調べ。この内臓脂肪症候群は、脳卒中や心筋梗塞など重大な病気を引き起こすといいます。内臓のまわりに、脂...

≫続きを読む

長寿の秘訣は海草? 【脳卒中、心臓病予防】

沖縄県の人は長寿だといいますね。その理由のひとつ。昆布などの海藻類の摂取量が他の県の人の約1.5倍あるといいます。それが、脳卒中、心臓病を防いでいるためではいかと。昆布やワカメがヌルヌルするのは、アルギン酸という、水溶性の植物繊維によるもの。このアルギン酸は、血圧やコレステロールの低下作用があるとい...

≫続きを読む

豆腐で脳疾患、肌あれ予防、肥満予防

豆腐にいろんな栄養成分が凝縮されています。○良質なタンパク質 ○大豆ペプチド○リノール酸    ○ビタミンB群○ビタミンE     ○ビタミンK○鉄        ○カルシウム○カリウム     ○植物繊維○オリゴ糖なんと春先に必要な成分が豆腐の中に。豆腐の三大成分。大豆イソフラボン、大豆サポニン、...

≫続きを読む

そばで抗酸化作用、そばの成分で血管強化!

年越しの縁起物として食べられているそば。細くて長いので延命長寿に良いとされていますね。そばにはミネラル、ビタミン、植物繊維が豊富で、栄養成分は玄米に劣らないと言います。そばの実の胚芽は実の中心にあり、丸ごとひいてそば粉にします。そばの胚芽にはマグネシウム、鉄などのミネラルや植物繊維が多く含まれていま...

≫続きを読む

グレープフルーツのスジ、袋のハチミツがけ

柑橘類には、ビタミンC、ビタミンPが多く含まれ、このビタミンを同時に摂ると、ビタミンCの体内吸収が高まるといいます。朝、ビタミンCを効果的に摂ると血管が柔らかく血液を固まりにくくさせるといいます。脳卒中、心筋梗塞を予防する効果を高めるんですね。血管が柔らかくなると、血圧も安定するのではと思います。ビ...

≫続きを読む

油揚げ&厚揚げで 【脳卒中、ガン、肥満、認知症を予防】

最初に、油揚げのガン予防効果にはお稲荷さん。ガン予防効果を活かすには油揚げと酢飯の組み合わせが良いと言います。そして酢飯の具にはマイタケ。日本全国の厚揚げ・油揚げ★さらに、ひとかけらのニンニクを油揚げの煮汁に加えると、 強力ながん予防効果があると言います。さらに、稲荷寿司などに使う油揚げ。ガン予防効...

≫続きを読む

アーモンド、魚、野菜で心臓病、脳梗塞を防ぐ

心臓病を防ぐ3つの食材。コレステロールを低下して、心臓病を抑制するには。  (すりつぶしたアーモンドに米みそと青ねぎの3つの組合)不整脈を予防するには青魚。(さんまのオリーブ油にんにく味)かいわれを食べて、血圧を安定させ心臓の負担を減少。11月〜1月にかけて、心臓病で亡くなる人がもっとも多いと言いま...

≫続きを読む

スポンサードリンク