テレビで紹介された生活習慣病を予防する健康食材とレシピを紹介する健康専門ドットコム

スポンサードリンク
スポンサードリンク

心筋梗塞・心疾患記事一覧

心筋梗塞は動脈硬化で心臓に、酸素と栄養を送る動脈が詰まってしまうと、心臓に栄養や酸素が送られず又は不足して、細胞が死んでしまう病気です。病気にかかって1ヶ月以内の間をが急性心筋梗塞。 死亡率が非常に高いんですね。心筋梗塞の主な原因は動脈硬化。動脈硬化は、加齢とともに起こりますが、偏った食生活、運動不足、高血圧、高脂血症 血液が詰まりやすくなります。また糖尿病などが 引きがねに起きることもありますの...

脳血管障害でも紹介したイチゴ。イチゴで、心筋梗塞を防ぐ! イチゴは、野菜ですね。イチゴには、ビタミンC、ポリフェノール、葉酸などが含まれています。この成分は、血管を老化から守り、悪玉コレステロールを抑制し、さらに血栓も防ぐと言われています。イチゴの栄養分を生かすには、イチゴ選びが大事。イチゴのツブツブに赤みがついていて、浮き出ているもの がいいんですって。栄養成分が2〜3割りお得だといいます。また...

ハチミツは血液・血管の抗酸化し、心筋梗塞、動脈硬化を予防。ハチミツのポリフェノールは、血管を柔らかすし、血液をかたまりにくくすると言います。そして、 野菜のポリフェノールより抗酸化力が強いんですって。なかでも、ポリフェノールの抗酸化力が高いのは、ソバのハチミツだと言います。なんと、普通のハチミツの含有量の約5倍。                  (信州大学) こちらがソバのハチミツ★でも、ソバア...

ミカンの健康効果ビタミンC・・・風邪予防、肌荒れ予防、抗ストレスカリウム・・・高血圧予防クエン酸・・・疲労回復そして、ミカンの新健康効果はヘスペリジン・・・心臓病、脳卒中の原因の動脈硬化予防ペクチン・・・永遠の悩み、肥満予防β−クリプトキサンチン・・・知らぬ間に忍び寄るがん、生活習慣病、肝機能低下、骨粗しょう症予防。今日は、ミカンのポリフェノール(ヘスペリジン)の動脈硬化予防にスポットを。ミカンの...

冬はカルシウムが骨から溶け出して排出されやすいと言います。1日600gカルシウムが必要です。摂取できないと、骨の貯蔵庫から1日600gのカルシウムが流出。体に栄養素として、吸収しづらいカルシウム。食材からピンポイントで吸収したいですね。そして、カルシウムの働きは、○心臓の筋肉の働きを高めて 心筋梗塞、狭心症予防○体脂肪の蓄積予防・減少で、 肥満予防・改善 ○脳の神経伝達活性 記憶力低下・認知症予防...

【高血圧予防、心血管疾患予防、血栓予防、肌の保湿力アップ】チョコレートに実際ダイエット効果はあるのだろうか?2005年のイタリアの研究では、カカオ50%のチョコレートを食べるグループとホワイトチョコレートを食べるグループを15日間比べたところ、カカオ50%のグループではインスリン感受性が改善。この数値が改善されると言うことは、脂肪細胞に脂肪を溜めにくく、太りにくい体に。カカオのポリフェノールは、脂...

冬に不足がちなマグネシウム。マグネシウムが不足すると、心疾患の死亡につながると言います。月別に多いのが1月度。そこで、グネシウムを効率よく摂取したいですね。こんな食材にマグネシウムは多く含まれていると言います。ほうれん草、アーモンド、青のり、こんぶ、油揚げ、豆腐。マグネスウムは、心臓の筋肉の働きを良くして、突然死を防ぐんですね。そして、マグネシウムとカルシウムは、バランスよく摂取することが大事。カ...

「新健康効果を生かすカルシウムの摂り方」なんとカルシウムが不足すると心臓が止まってしまいますと。それほど、カルシウムは、大事なんですね。そして、同じ食材でも、摂り方によって、健康効果が引き出せなかったり、最高に活用できたりするものなんですよね。カルシウムの健康効果として1「心筋梗塞・狭心症予防」2.「糖尿病予防」3.「体内の脂肪排泄」4.「大腸がん予防」この4つの効果を取り上げています。まずは、心...

黒豆で血圧を素早く安定!!06.11.11【血液をサラサラ効果、心筋梗塞、脳卒中予防】黒豆に含まれているフラボノイドという成分。なんとこの成分は血圧を素早く安定させる効果があるといいます。               日本東洋学会指導員                ノザキクリニック院長             医学博士 野崎 豊先生黒豆の成分フラボノイドは血栓をとかし、抑えるといいます。さらに血...

糖質の摂りすぎからできる血栓を予防する食材!を、お届けいたします。血液の固まり「血栓」。これが原因で起こる脳梗塞・心筋梗塞。気温が低下すると血管が縮まり血栓ができやすく、つまりやすくなるので注意しないといけません。糖質を過剰にとると出来やすくなる血小板の血栓。糖質を摂りすぎると、血小板が硬くなると言います。そして、血栓になるんですね。血小板が硬くなる血栓を防ぐには、おもいッきりテレビおすすめは、こ...

血液サラサラ効果で肥満、心筋梗塞、脳卒中を予防!  06.9.17おもいッきりテレビの秋の血液サラサラ術肥満、心筋梗塞、脳卒中を予防!というテーマでした。秋の血液サラサラ術、4つをまとめてみました。おもいッきりテレビおすすめ血液の水分不足を素早く改善するには、  濃いめの麦茶ですね。 1日3回250mlを飲むことですね。血液の糖質過多を素早く改善するには、レモン汁をかけた酢の物を夕食時に摂るとさら...

血液の糖質過多が引き金である内臓脂肪。この内臓脂肪の新規基準をアメリカマスター大学が発表。ウエスト÷ヒップ=男は0.9・女は0.85以上は、心筋梗塞の危険度が3培増加するといいます。そこで、血液の糖質過多を素早く改善するには、積極的に摂る食材があります。おすすは「酢」クエン酸が糖を燃やして、エネルギーを作るといいます。酢の物にレモン汁を加えるとさらに効果があがるんですね。スッパ!そう。心筋梗塞は、...

血液がドロドロになると、内臓脂肪となってお腹に蓄積するといいます。身体がデブデブ状態に。そして、血液ドロドロの悪循環で、デブドロの状態になるんですって。さらには、肥満、心筋梗塞、脳卒中をひき起します。そこで、「秋の血液サラサラ術」デブドロの血液の状態を脱出しましょう。血液の水分不足、糖質過多、中性脂肪、ストレスをすばやく、改善することが重要なんですね。まずは、 血液の水分不足を素早く改善するのに最...

脳卒中や心筋梗塞など重大な病気を引き起こすといわれているこの内臓脂肪症候群。内臓のまわりに脂肪がホワグラのようにつくんですって。しかし、内臓脂肪の発症リスクは、マグネシウムを摂っている人は31%低いといことが明らかに。         2006年3月28日付内臓脂肪(メタリックシンドローム)が40〜74才の中高年世代に男性が2人に1人、女性が5人に1人に。内臓脂肪症候群か予備郡に該当するといいます...

ビタミンCの働きとは、どんな病気、症状に効果的で、どんなに大事な栄養素なのか。ビタミンCを効果的にとる食材を紹介していきたいと思います。まずビタミンCの働きと効果についてビタミンCには、40種類ぐらいの重要な働きが○ウイルスの不活性化。○ガンの芽を不活性化。○免疫物質の再生を促し活性化。○抗腫ガン作用。○善玉コレステロールを増やす。○中性脂肪を減らす。○血圧の上昇を抑制。○血糖値の低下作用。○葉酸...

心拍数とは、ご存知のとおり。心臓が収縮を繰り返して、「ドッ」「クン」と全身に血液を送りす、1分間の収縮の回数が心拍数。身体を動かすと心拍数が上がるのは、身体が必要としている酸素を、心拍数を上げることで身体に送り届けようとするからということです。上がった心拍数は身体を休めれば、通常5分ほどで元に。しかし、一度上がった心拍数が、なかなか下がらない人もいるといいます。「心拍数が下がりにくい原因には、2つ...

豆腐で【心筋梗塞予防・ガン予防・骨強化】   06.3.29豆腐は世界が注目しています!栄養成分が凝縮された宝庫!豆腐には、こんなに栄養成分が含まれています。○良質なタンパク質   ○大豆ペプチド○リノール酸       ○ビタミンB群○ビタミンE         ○ビタミンK○鉄             ○カルシウム○カリウム         ○植物繊維○オリゴ糖健康成分が豊富の豊富な豆腐そして...

「新健康効果を生かすカルシウムの摂り方」なんとカルシウムが不足すると心臓が止まってしまいますと。それほど、カルシウムは、大事なんですね。そして、同じ食材でも、摂り方によって、健康効果が引き出せなかったり、最高に活用できたりするものなんですよね。カルシウムの健康効果として心筋梗塞・狭心症予防糖尿病予防体内の脂肪排泄大腸がん予防この4つの効果を取り上げています。まずは、心筋梗塞・狭心症予防 には干しヒ...

-----秋は身体も衣替えの時期です-----この時期、身体の古くなた細胞、死んだ細胞こんな細胞を捨てて、新しい細胞をつくります。秋は、細胞も新陳代謝が活発に。肌、髪、骨、筋肉、内臓、脳、血管を若々しく健康に保つチャンス。40才過ぎから、細胞が減り始めるといいます。細胞が再生されなくなると、骨粗しょう症や、怪我をしたときに血がなかなか止まらなくなるそうです。秋は、寒さに備え、新しい細胞が活発に作ら...